Latest Entries

白大島のシャープなスカーフ

日差しが明るくなると大島も白大島へ気持ちが動きますね~
これはシンプルな白大島から仕立てたスカーフです。裏には薄手の黒紬を持ってきてすっきりと仕立ててみました。
こんな柄の大島が私の好みです。
DSC03346.jpg
スポンサーサイト

続・筒書きクッションカバー

鶴に続いて亀の筒書きから仕立てたクッションカバーです。
こちらはやや小さめですが43㎝のヌードクッションを入れるとパンパンになって良い感じですね。ヌードクッションは少し大きめを入れる方が良いみたいです。
DSC03336.jpg

筒書きのクッションカバー

クッションカバー2作目。
これは枯れた良い雰囲気の筒書きから仕立てました。大好きなもので、好きすぎて使えなかったもの(笑)。
このままタンスの肥やしにしておくのもなあと思い柄をそのまま使えるクッションカバーにしてみました。元々大きなもの(おそらく布団側かな)に紋のように柄が配されいたのだと思うのですが、私はそのうちの二柄を変形で持っていたので無地の藍木綿を足して不足を補ってあります。これは鶴ですがもう一つ亀もあるのでそちらもクッションにする予定。
たまたま無印のヌードクッションがあったのでそれに合わせたのですが一辺が43㎝。あまり他では見かけないサイズですね~
DSC03328_20170320130808b55.jpg

絵絣のクッションカバー

絵絣も色々とありますが、どれがどこの物かよくわからない。調べてみてもいまいちそうかという解説が見つかりませんー残念。
経糸と緯糸で柄を織り出していくというのは本当に大変な作業だと想像しますねえ~ で、大好きなのですがどう活かせばいいのか私の感覚にピンとくるものが出来ない。
バッグにしたり色々と作ってはみたのですがねえ。。。 で柄をそのまま活かすには面積が必要なので今回はクッションカバーにしてみました。これは良く見かける柄ですが何を意味するのかなあ。。。しっかりとした手織りの良い木綿です。
DSC03323.jpg

続・数寄屋袋

なんとなく面白くなって数寄屋袋を続けて作っています。
やはり数を作らないとわからないことが色々とありますね。すこーしわかってきました(んん、以前も数寄屋袋を作った時に同じような事を書いたような気がするーやはりかなり記憶が怪しくなっているなあ・笑)。
左は正絹の紬。右は古い木綿です。
DSC03309.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索