Entries

唐子と玩具柄のお懐紙入れ

唐子と玩具柄が何とも可愛い柄の縮緬から仕立てたお懐紙入れです。縮緬の実力といったところでしょうか大人の雰囲気ですね。リッチな感じがします。内袋は紋付を持ってきてみました。
003_20081030212914.jpg
004_20081030212924.jpg

スポンサーサイト

アンティーク留袖から華やかなお懐紙入れ

良いアンティークの留袖が手に入ったのでまずお懐紙入れを仕立ててみました。残念な事に染料の汚れのような感じの線がありますがまあ、そこは免じて頂いて、全体としてはとてもリッチになりました。裏はこれもリッチに鬼縮緬の紫をまわしました。華やかな古布の世界といったところでしょうか。
005_20081029062424.jpg
008_20081029062435.jpg

大胆な柄の紬スカーフ

菊や松を大胆に織り出した紬から仕立てたスカーフです。横絣ですので少し物足らない感じもしますが柄の大きいのと糸味がよい雰囲気なのでナカナカ素敵な布です。アクセントカラーに金茶を持ってきました。
004_20081028104628.jpg

絞りのスカーフ

紋綸子に絞りをかけた良い羽織から仕立てたスカーフです。
古いものではないので現代的な柄が魅力です。裏には黒をまわしてシックにまとめてみました。白っぽいのでこの時期どうかなあと思ったのですが襟元のアクセントカラーとしてよさそうです。
015_20081027141840.jpg


酒袋&刺し子のユニークバック

柿渋でよい色に染まった酒袋と刺し子の道着を合わせたユニークバックです。酒袋の繕い跡がポイント。本当に単純な形で素材の面白さを楽しむバックといったところでしょうか?
持ち手はかなり迷ったのですが以前集めていたタイの少数民族(どうしても名前を思い出せない!)のアンティークの帯を持ってきてみました。これはモラのような感じのかなり手の込んだものです。
002_20081026074503.jpg
004_20081026075317.jpg

瓢箪がユニークな古布スカーフ

襦袢から仕立てたスカーフです。金茶に近い地色に瓢箪がとてもおしゃれです。裏には正絹の黒をまわせて表に少し出るように仕立ててみました。
色が私の好みでなかなか面白いかなあと思っていますがどうでしょうか?
003_20081024063931.jpg

酒袋と型染め木綿の巾着

優しい色の酒袋と良い型染めの木綿をセットした小さな巾着です。こちらの型染はとても状態の良いもので藍の良い色がしっかりと残っています。◆と●の小さな木綿を貼ってポイントにしてみました。
003_20081023065054.jpg
004_20081023065117.jpg

大嶋と銘仙のベスト

昨日アップした銘仙と数日前にアップしました麻の葉柄の大島を使ったベストです。
友人に頼んで作ってもらったものでリバーシブルになっています。実はリバーシブルで頼んではいなかったのですが友人がリバーシブルに仕立ててくれました。
なかなか面白いデザインでこのパターンのベストを何枚か作ってもらっていますが重宝しています。

007_20081022075904.jpg
008_20081022075916.jpg

秋色スカーフ(銘仙?)

昨日に引き続き秋色のシックなスカーフです。銘仙かなあと思いますがはっきりとしません。しかしこの斬新なテキスタイルにはびっくりですよね。これが古い着物だったなんて!
和というよりアジアンテイストな雰囲気ですね。
001_20081021075007.jpg
002_20081021075017.jpg

シックな銘仙スカーフ

銘仙というとポップな感じのイメージがあると思いますがこれは大人の雰囲気。一見、大島のような印象を受けます。大島と銘仙の区別は難しいものがあると聞いたことがありますがこんなもののこと言うのでしょうか。でもこちらはたしか伊勢崎銘仙と織り込みがあったと思います。いずれにしてもなかなかモダンな印象のものです。裏は黒をまわしました。
001_20081020092947.jpg

金封ふくさ

鳥獣戯画の金封袱紗とお懐紙入れです。
この金封袱紗はどちらかというと不祝儀用ですね。私の年齢になるとこちらの方が出番が多いのが一寸悲しい!
ん、画像を撮ろうとセッティングしたらアレ曲がって縫ってる!トホホですね。
001_20081019063030.jpg
002_20081019063039.jpg

纏柄のお懐紙入れ

箪笥の中に面白い布を見つけたのでお懐紙入れにしてみましたがどうでしょうか。ちょっとうるさいかなあ?
たぶん男性用の襦袢だったのでしょうね。纏が面白いです。
002_20081018084851.jpg
003_20081018084904.jpg

大島のお懐紙入れ2種

大島のお懐紙入れ2種です。麻の葉柄は先日作ったスカーフの残りで作ったものです。もう一つは茶泥のなかなか凝った大島です。大島で作る羽裏などとは違い結構、厚みがあるのでしっかりとした感じに仕上がりますね。
009_20081017072659.jpg

大島のお懐紙入れ

私の好きな大島ですが残りがわずかとなってしまいましたので自分用にいつものお懐紙入れのパターンで通帳入れ&印鑑入れとして2点を作りました。
この大島は割合に最近のものですのでモダンな柄が魅力です。裏には紋付をまわして紋をアクセントにしてみました。
001_20081016072715.jpg
002_20081016072723.jpg

よろけ縞の大島スカーフ

昨日に引き続き大島のスカーフをもう1点。以前同じ大島で作った時は朱のラインをサイドに入れてアクセントにしましたが、この度は自分用なので少し地味目に裏は青系の縮緬をまわしました。
この大島も私の好きなものなのですがあまり人気のなかったものです。ナカナカ凝ったよろけ縞なのですが一見、大島という感じがしないからかなあ・・・・
001_20081015074215.jpg
002_20081015074223.jpg

大島のスカーフ

麻の葉を織り出したシンプルな大島です。麻の葉の柄は本当にいろいろなところで目にしますよね。
うちの母なんかは「おしめ」を連想しちゃうみたいです!
こちらは大島ですのでさすがにすっきりとした印象ーー色も白黒のモノトーンですので大人の雰囲気、といったところでしょうか。私の大好きなパターンの一つです。裏はうるさくならないように黒をまわしました。
002_20081014075005.jpg

可愛いお懐紙入れ

可愛い鳥柄の羽裏から仕立てたお懐紙入れです。
羽裏は薄い羽二重の正絹ー私は接着芯を貼りますが羽裏はその薄さゆえ扱いがうまくいかない事が多いのですが、この度はいつもと違う芯を使ってみましたら結構うまくいきました。
芯は種類がものすごくあるのでぴったりのものを探し出すのは本当に大変です。
005_20081013075245.jpg

型染め木綿と酒袋の巾着

やさしい色の酒袋と素敵な型染めを合わせた巾着です。
色、柄ともに素敵な型染めなのですが残念な事に小穴が多くて柄取りに苦労しました。この色の藍染めは好きなのですがなかなか出合いません。

001_20081011071500.jpg

裂き織と大島のポシェット

素敵な裂き織をいただいたのですがサイズが小さかったのでどう活かそうかなあと思い、結局ポシェットに仕立ててみました。裂き織を底に持ってきて大島にはミシンキルトをかけました。内袋は紫の紬です。アクセントに蚊帳のリングを付けましたがいかがでしょうか。
006_20081010060401.jpg

男児のお祝い着

コレクションしている子供着物の1枚です。それほど古いものではありませんが竜宮城と浦島太郎をモチーフにしたもので面白い柄だと思います。
特に玉手箱の柄が結構こっているのですが画像がよくなかったですね(残念)!
012_20081009070945.jpg
011_20081009070955.jpg

矢がすり柄の古布スカーフ

木綿に矢がすり柄を織り出したように染めた、なかなか面白感じのする古布です。
裏に朱の正絹をまわして贅沢をしました。朱色がちらりと見えるのが八掛けのような感じで面白いかなあと思いますがいかがでしょうか?
012_20081008075544.jpg

酒袋の合財袋

時代のある酒袋から仕立てた合財袋です。縁は書生絣(?)をまわしました。内袋はちょっぴり贅沢に大島でしたててみました。男性の方がお持ちになってもよさそうですね。巾着はどうしても紐通しの部分から痛みますからこれはコキを使いましたがどうかなあ?雰囲気がちょっと変わりますね。
013.jpg

縮緬のシックなスカーフ

一寸贅沢な縮緬のスカーフです。渋いグリーンと黒の板絞りが何とも言えない素敵なものですが残念な事に少ししか分量がなく朱のラインを太めに入れてみました。
こちらは最近のものですが裏に回した黒ともどもいずれも縮緬を使ってみました。
朱の分量がどうかなあとちょっと私的にはしっくりこないところもあるのですが画像よりまだ渋い朱なので何とか落ち着いたかとも思います。
006_20081006111158.jpg
008_20081006111208.jpg

ふわふわの絞りスカーフ

ふんわりとした薄絹に絞りをかけたもので確か羽裏だったと思います。
一寸レトロな雰囲気のもの。ふんわり感を出したかったので何も手を入れずに輪にして端も閉じていません。アクセントが欲しい時に面白いかなあと思います。
001_20081005093722.jpg

赤穂浪士のお懐紙入れ

古布を集めていると時々エッと思うような面白い柄に出会うことがあります。
また私はそんな柄が好きでつい手が出るのかもしれませんが、これもそんな一枚。赤穂浪士の討ち入りがとてもリアルに表現されています。赤穂浪士は人気があったのでしょうね。結構よく見かける柄ですがこれはリアルなところが面白いと思います。
討ち入りの時期にお使いになると面白いかなと思いお懐紙入れにしてみました。
ああ、でも面白いって感じるのは私ぐらいかもですねー私のつくる中ではこういったものは人気がないんですよねえ。残念!
003_20081004073202.jpg
005_20081004073218.jpg

シックな絞りのスカーフ

昨日に続いて絞りのスカーフです。こちらは羽織を解いて仕立てたものですがアンティークというほど古いものではありません。その代り状態がよく生地がしっかりしています。そして何よりとても良い絞りです。着物地という和でありながらシャープな印象で現代的な感じがします。アクセントに朱のラインをいれてみましたがどうでしょうか?
003_20081003082737.jpg

蜘蛛絞りの古布スカーフ

渋い赤に黒の絞りがお洒落な感じがする絞りから仕立てたスカーフです。こういう絞りを確か蜘蛛絞りというんだと思うのですが(間違っていたらごめんなさい)蜘蛛の巣みたいだからでしょうか?
地の赤が臙脂に近いものでぐっと落ち着いた感じがします。これなら合わせる服を意外に選ばないような感じがしますがどうでしょうか。
003_20081002122625.jpg

押絵の雪うさぎをあしらったお懐紙入れ

最近可愛い押絵を見て娘が作ってみるというので頼んだら可愛い雪うさぎの押絵を作ってくれました。
どう使えばいいのかいま一つ「これだ」というのがわからないのですがとりあえず、いつものお懐紙入れのポイントにしてみました。やはり柄ものより無地が映えるかなと思い少し落ち着いた朱のお懐紙入れに張り付けてみました。ただいつものサイズですと押絵のサイズがどうも小さくてピンとこないので小さいサイズで作ってみましたがいかがでしょうか?
011_20081001132217.jpg
012_20081001132235.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索