Entries

酒袋&藍染半纏の斜め掛けバック

酒袋の底が残っていたのでしっかりとした厚手の半纏を繋いでみました。
簡単にポシェットを作ろうと思っていたのですが出来たがったら結構大きくなって一寸予定外でした。
小さなものを考えていたのでポケットも付けづに作ってしまって少々問題ありですね。
アクセントは口に付けた古い鍵~~
紐にも型染めをパッチしましたが少しさみしい??ーーーもう1,2個パッチしてみようと思います。
もう少し手を入れてみます^^^^
001_20090929154624.jpg
スポンサーサイト

柿渋染めの幟バック

柿渋で良い色に染まった幟から仕立てた大きめのたっぷりバックです。柿渋がとても良い具合に乗っていて色が沢山使われていますが渋い仕上がり。これからの季節、コートをお召しになっても楽に肩から掛けられるようにやや長めの持ち手にしました。サイドは酒袋。単純な形ですが幟の良さをいかせたかなあ~と思っています。
001_20090928092902.jpg
002_20090928092915.jpg

素敵なプレゼント♪

しばらく前にヤフーのブログもしていたのですが(内容はこの店長日記と同じです)その折に沢山の方と知り合いました。その中の一人に大島紬の織元さんがいらっしゃいました。
大島についてとても勉強になるブログでよく読ませていただいていたのですが、先日新作の名前を募集していらしたので応募したところなんと採用されました!!!

そしてプレゼントまで頂いたのです。
素晴らしい龍郷の大島(何を作ろうかなあとワクワクです)と可愛い鳥が付いたカードケース!!!
ほとんど懸賞というものに縁がない私なので、すごーくうれしくて~~~~

大島紬に関心のある方は是非覗いてみてください。
とても勉強になりますよ~~~

奄美大島の紬日記


001_20090926061855.jpg

大島のスカーフ Ⅲ

スカーフが続いています。
これは4種類の大島を繋いでみました。どれも泥染めの雰囲気の良いものです。途中からは黒の紬を繋ぎました。裏は臙脂を回して渋くまとめてあります。シックな雰囲気が秋っぽいかなあと思うのですがいかがでしょうか?
001_20090924075215.jpg
004_20090924075229.jpg

大島(龍郷)のスカーフ

大島のスカーフパートⅡです。
真ん中に持ってきた大島は龍郷ーーこの手の込んだ大島を見ているとこれを織り出していく人間の手の素晴らしさに本当に感心してしまいます。
サイドと裏は縮緬の黒を回してすっきりと仕上げてみました。派手さはありませんが大島を楽しんでいただける1枚になったかなあと思いますがいかがでしょうか。

002_20090922065133.jpg

大島のスカーフ

すっかり秋の気配となりました。
我が家の庭にも矢羽すすきが穂をだし秋明菊が可愛い花を咲かせています。

そこで久しぶりにスカーフに取りかかりました。まずは麻の葉を織り出した大島から。
大島は本当に色々な柄がありますが私はこんなスタンダードなものが大好き!
ポイントは両端に持ってきた朱のライン。それと裏には黒の紋付をまわして丁度、結んだ時に家紋が
見えるようにしてみましたので両面で楽しめそうです。
001_20090920075150.jpg
002_20090920075159.jpg

福助のタペストリー

しばらく前から作りかけていたのですがようやく完成(疲れましたあ~)!
福助の面白さをどう生かせばいいのか悩んだ末に結局タペストリーにしてみました。
福助は中にキルト綿を入れて周りをキルティングーー立体的な感じになったと思います。それを黒の丸帯に張り付けてみました。大迫力ですね!!!
しかしどこに飾るんだろう(笑い)!!!!
001_20090917171321.jpg
002_20090917171335.jpg

泥染めの麻布に型染めパッチの斜めかけバック

麻布を泥染めしたものをベースに良い型染めをパッチした斜め掛けのバックです。
泥染めのためでしょうか?しっとりとしたとても雰囲気のよい麻布です。型染めも古いものですが未使用に近いものでとてもきれい。
肩ひもは大きな格子の古い木綿を持ってきました。繋いでいるリングは蚊帳リングで松竹梅の彫があるおしゃれなものーー全体に私の好きな感じに仕上がったかなあと思いますがいかがでしょうか?
003_20090913081007.jpg

畳のヘリバック

このごろ畳のヘリを使ったバックが流行っていますね。
先日札幌の手作りの材料屋さんへ行ったときに畳のヘリがあったので購入してきました。
さてどんな風にするのがいいのかなあと思いつつとりあえず自分用の簡単なトートを作ってみました。
赤の革の持ち手がアクセントかな~~
畳のヘリの良いところはなんといっても軽いことでしょうか。木綿のバックなどと比べると信じられないような軽さです。
010_20090909075653.jpg

半纏&酒袋の肩掛けバック

厚地の良い半纏が手に入ったので何とかバックにしたいと思いつつどうしたものかと思っていたのですがようやく形になりました。
屋号を大きくとってサイドに酒袋を回してみました。裏も半纏の裾を回してこちらも面白い感じです。
肩にかけて使えるようにしてアクセントに蚊帳リングをあしらってみました。
かっちりとした、というものではありませんがソフトで使いやすいかなあと思うのですがいかがでしょうか?
007_20090908063050.jpg
008_20090908063058.jpg

古布小物2種

今日は小物を二つ紹介します。一つはお悔み用としても使えそうな縮緬の金封袱紗。ベースが黄土色とでもいうのでしょうか、そこに線書きのようなグレーの濃淡で花や草の図案が描かれた地味ですがシックな縮緬の着物から仕立てた袱紗です。内袋には黒の縮緬を持って来ました。これならお悔み用としてもよさそうですね。自分用にも作りました。

手前のミニ巾着はシルクオーガンジを掛けて一寸凝ったもの。以前はよく作っていたのですが透け感のピッタリとしたシルクオーガンジーが手に入らなくてしばらく作っていなかったのですが久しぶりに作ってみました。このオーガンジーももう少し透けるとよいのですがナカナカピッタリというものに出会いません。シルクであることにこだわらないとよいのかもしれませんが・・・・

ちなみに下に敷いたものは巾着と同じ布です(オーガンジーを掛けるとグッと感じがかわります)。内袋は紅絹を持ってきました。黒とのコントラストが好きです。

007_20090904080751.jpg

003_20090904080911.jpg

絵絣&醤油袋のトート

浦島太郎をモチーフにした絵絣の着物から仕立てたバックです。なかなか面白い柄なのですがどうもいまひとつ物足りない感じがしたので全体に刺子をしてみました(画像では見えませんね)。
まったくのフリーハンドで刺していったので斜めになったりよろけていたりとキチンと刺子をなさる方に見せたら叱られそうですが、まあそこが面白いかと思ってーーしかし疲れたあ~。
でももうひとつ狙った感じにはならなかったなあ(>_<)。
で、この際と思いごくスタンダードにまとめてみました。サイドには醤油袋をまわして長さが足りずに繋いだところに型染めをパッチ。持ち手もミスマッチを狙って革の持ち手をカシメで留めてみました。
あまりにスタンダードで自分でも不思議な感じのするバックになりました(笑い)。
001_20090902163906.jpg
002_20090902163916.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索