Entries

お懐紙入れ

蚊帳や酒袋などが続いているとたまに柔らかなものが恋しくなります。
で、中途にしていたお懐紙入れを仕上げました。
縮緬と柄がレトロな紋綸子(?)から~~
縮緬の方はかなり時代のあるもので何とも懐かしい雰囲気の柄です。地味なような派手なような???
ただぼかしの感じがいいですね~~
008_20100430161053.jpg
009_20100430161103.jpg
スポンサーサイト

夏の巾着

夏の巾着です。
下の部分はハードなゴリゴリの麻です。(麻ということで購入したのですがそれにしてもハードでもしかすると何か違うものなのだろうかとも思うのですが)これは何に使ったものなのでしょうか?
端布として購入したので元の形が分かりません(>_<)。
上は上布を持ってきました。これだけでもいいかとも思ったのですが、なんか物足りない感じがして大島をパッチしてみました。
どうも完全にはピンとこなかったのですがうーん、いいことにしました(笑い)。
片面の大島が物足りなかったなあ~~~
003_20100428065239.jpg
002_20100428065350.jpg

蚊帳スカーフ

麻のパリッとした墨染の蚊帳から仕立てた夏スカーフです。蚊帳自体が結構ハードな麻なのでとろんとした絹のようには使えないのでいつもはもっと長く仕立てるのですがこの度は長さがないものだったのでやや短め。
首に巻きつけるような感じになりますがそれも面白いかな???
サイドに大島を持ってきてアクセントにしました。

003_20100424080722.jpg

筒書きのベスト

友人の作品です。紋をモチーフにした良い筒書きを背中にパッチしたベストです。
前は書生絣。スナップで留めるようにしてあります。
襟が一寸変わったナカナカ素敵なデザインです。
002_20100421165159.jpg
001_20100421165210.jpg

柿渋染めの蚊帳の暖簾

ここ何年か玄関先に蚊帳の暖簾を下げています。
今年も今日から暖簾を下げました。
今年は藍と茶のぼかしがとても素敵なもの。昨年までは何枚かをはいで作っていたのですがこれは途中にはぎ目がない大きな1枚ものですーーで私が作った部分は竹を通す部分だけ。
あまりに素敵だったのであえてこのまま下げることにしました。
こうして玄関に下げていると「お店ですか」と言われることがあります(笑い)。この蚊帳を染められたのは九州にお住まいの方ですがその方の作品がこうして北国の我が家の玄関を飾っているというのも不思議な御縁だなあと思います。
006_20100419111520.jpg

柿渋染めの蚊帳バック

目の粗い麻の蚊帳を柿渋で染めたものから仕立てた夏の簡単なお買いものバックです。
大好きな大島を大胆にパッチしてみました。
こんなシンプルなバックとも言えないような袋が好きです。
005_20100417082721.jpg

酒袋&型染めの肩掛けバック

酒袋バックが続いています。
前回と同じパターンで肩掛けにして型染めをパッチしました。蝶と牡丹の珍しい柄の型染めですが残念なことにこれだけの分量しかないのです。どうしたものかと思っていたのですが前回作ったバックの幟の部分にこれを持ってきてみました。サイドは書生絣にしてすっきりとまとめてみましたがいかがでしょうか?

003_20100415220618.jpg

酒袋の横長バック

酒袋を思いきり横長に使ったバックです。長すぎかなあ???
幟の端布を貼ってアクセント。刀を握った拳ですが、わかるかな?さらに蚊帳リングも!
幟の端布は小さなものでもいつか使おうと大事に取っておきます。こんな時に役に立ちますね。
004_20100412071028.jpg

豪華な打ち掛け

豪華な打ち掛けです。
私の結婚式は式で白無垢。披露宴で色打ち掛けとドレスという取り合わせでしたが今はどんな感じでしょうか?
私の時は披露宴でつまり1回のお色直しでしたから回数の少ない方だと言われましたが(当時は何回も変えるのが流行っていました!)最近はシンプルなのが流行りみたいですよね。その方がお客様も落ち着くきますね。
話がそれましたーーこれは宝尽くしの豪華な打ち掛けです。飾ってみてんん、これは何だろうと?
裏は赤に紋と鶴が描かれていて鶴の頭には刺繍もあってとても手が込んでいる感じ==で、この付いている紐はなに???
どういうふうに使うものなんだろうと???
何方かご存じでしたらおしえてくださーい。
004_20100410100256.jpg
008_20100410100522.jpg

麻のスカーフⅡ

麻のスカーフ2作目です。
夏物をゴソゴソと探していたら上布かなと思えるものを発見。ナカナカ良い絣の麻布です。蚊絣のような雰囲気(一寸甘いかな?)。
夏は汗になりますのでさっと洗えるのが身上だろうとアクセントに片端に茶の麻を挟んだだけのシンプルなものです。
001_20100408080240.jpg

醤油袋の斜め掛けバッグ

醤油袋から仕立てた斜め掛けのバッグです。この醤油袋は柿渋を掛けてあるのでナカナカ面白い風合いのもの。
酒袋とはまた違った面白い雰囲気です。
表は大きくばってんを入れてみました。この布も泥染めで面白い雰囲気のものです。真ん中は蚊絣。裏は○にしようかと思ったのですが(笑い)無難に型染めでポケットを付けました。まあまあ面白く仕上がったかな?
001_20100407075457.jpg
013_20100407075518.jpg

アンティーク羽織

布の整理が続いています。
昨日今日とコレクションしているアンティーク着物の整理をしました。コレクションといえるほどのものでもないのですが時々飾って楽しんでいます。その他に素材として購入してみたもののなんか中途半端なものや飾るにはチョッとだけれど解いてしまうのもなあ、と思えるものもとりあえずしまってあるのでもう箪笥の中で訳が分からなくなっていると言うのが現状(>_<)。
箪笥を開けて整理をしていたら自分でもすっかり忘れていたものを発見。まず犬の羽裏が面白い長羽織。時代的には昭和の初めと思いますがこの柄を活かすのは難しいなあ==
それと面白い羽織紐を見つけました。絞りの羽織についていたものですが、わかりますかーー右と左の紐の色が違ってその先の丸くなったところがまたそれぞれの色になっているという凝ったものです。うーん、お洒落!と感心してしまいました。今まで全く気づかなかった! こういったものは着て楽しむといいのでしょうねえ~~~
若かったらなあと思うのでした(>_<)。
002_20100404171539.jpg
004_20100404171551.jpg

麻の紋付からスカーフ

紋がついた麻のアンティーク着物から仕立てた夏スカーフです。
さっと洗えるように巾いっぱいを使って輪にしただけのものですがとても良い麻なので素材そのものを楽しめそうです。たっぷりとした長さにしてアレンジできるようにしてみました。

002_20100403065251.jpg

大島の名付け親

昨年大島紬の織元をしていらっしゃる奄美太郎さんがブログで織り上がった大島の名前を募集していたので応募したところ採用されたことを書きましたが、先日も応募されていたのでずうずうしくも応募したところ採用されました。
採用されるとプレゼントを頂けるのですがこの度は素敵な龍郷柄の大島のお財布を頂きました。
本当にありがとうございました。
奄美太郎さんのHPでは製品の紹介もなさっていて自分が付けた名前の反物が並んでいるのは何とも気恥ずかしいようなうれしいような気分です。
自分が名付け親になった大島を購入して着てみたいと思うのですが、そんな時は自分の好みと違う・・・・・
というのが難しいところですね。
私の好きなものはもう名前が付いている~~~~~。

奄美太郎さんのブログですーー大島紬についてとても勉強になりますよ。
奄美大島の紬日記008_20100402074528.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索