Entries

柿渋染めの幟旗トート

久しぶりに幟旗からバックを作りました。
柿渋で良い色の染まった幟です。幟旗は武者と馬が主役でしょうかーーどちらかと言うと馬が好きな私。
顔はナカナカ難しい~~ ただ馬もかなりの大きさなのでどう切り取るかがこれまた問題!!!
結局そのまま飾るのがベストなんでしょけどねえ~~~(笑い)ーーおかげで我が家にはいっぱい下がっております!!! ずぼらな私の性格そのままにキチンとタペに仕立てるでもなし、ただそのまま(笑い)。

さて、これは初めの予定ではワンハンドルで肩掛けにしようと作ったのですが、どうもしっくりこないーー結局ほどいて持ち手を変えて、やっぱりこっちがいいなあとーーーああ疲れた!!---縫いなおしたおかげで内袋は少しずれるしで(>_<)なのですが、よしと言うことにしてしまいました(笑い)。
008_20111130081607.jpg
スポンサーサイト

酒袋&筒書きの巾着

前回載せたバッグに使った柿渋染めの筒書きと同じものを使った巾着です。酒袋と合わせました。
酒袋を大きくとって上に型染めなどを合わせるこの形が好き~~。
なかなかいいと思いますがいかがでしょうか?
先日街中で着物をお召しになった男性を見かけましたーー珍しいなあと思って眺めていたら何んと以前お求め頂いた私の巾着をお持ちになっていましたーーこれは嬉しかったなあ~~
003_20111127095443.jpg

筒書きのポケットがアクセントのトート

柿渋で染めた筒書きの古い風呂敷があったのでそれをポイントにしたトートです。
本当は家紋を入れるつもりで作り始めたのですが家紋の汚れが結構あって・・・んんん、どうかなあと迷ってしまい結局その周りの柄を入れました。なんだか予定通りにいかなくて試行錯誤したのでおとなしい感じにまとまってしまいました。
一寸物足りないような、まあいいかと思ったりびみょ~~~なところですね(笑い)。
009_20111125082857.jpg

続・古布スヌード

前回作ったスヌードがなかなか良かったので(それは主人用になりました!)続いて作ってみました。
今までどう使おうかなあと思っていた布が意外にこのタイプに合うので面白いなあと一人ニンマリしています。
ふんわり感と少し張りのあるものがいいようですねーー大島なんかだとどうなんだろう???
008_20111122101943.jpg
006_20111122101932.jpg

古布のスヌード

今年はスヌードが流行っていますね~
たまたま布を探していたらシフォンのように薄い絞り柄の古布を見つけたのでフト思いついて作ってみました。
この布ーーとても薄いんですーー着物だったと思うのですが、それにしても良く判らない??
それでお蔵入りになっていた物なんですが。。。

アクセントに色を入れてみたのですがどうかなあ~~
一寸面積が大きすぎたかもしれないなあと反省。もう少し研究の余地ありですね(笑い)。
002_20111120111729.jpg

子供着物

先日購入した子供の着物です(画像が悪くてごめんなさい)ーーなんとそりで遊んでいます。それも犬ぞリ!!!
何ともレトロで可愛い~~~どんな男の子が着ていたのかなあ。。
004_20111119105318.jpg

メガネ入れ~~

さてさて小物が続いています。
これは一応メガネ入れとして作ったもの。以前、これって何をいれるの??と聞かれたんだけど私的にはメガネ入れです(笑い)。
どのぐらいの厚さのキルト芯を入れるかイロイロ試行錯誤してこのあたりに落ち着きました。一番初めはかなり薄手だったのですがやはりこのぐらいは必要かなあと~~
ただメガネもサイズがイロイロあるんですよねーーあまり大きいものは無理かなあ~~です。
001_20111117082625.jpg

柄を楽しむお懐紙入れ

古布の楽しみの一つはその柄~~~
何とも面白柄がいっぱいあります。
そんな柄を楽しんで頂けそうなお懐紙入れをいくつが作ってみました。
羽裏から仕立てたものが多いのですが羽裏は何分にも薄いーーこの薄さは扱いが難しいんですよね~~
裏にはしっかりとした時代の新しい縮緬を使ってボリュームをアップしてみました。
002_20111115095919.jpg

チビガマ口

がま口イロイロです。
一寸大きめからチビガマ口まで(笑い)。
小物はこうして沢山並べるとなんとなく楽しくなりますね~~
012_20111113092951.jpg

古布の針山

来月はクリスマスシーズン。。。
そこでプレゼントによさそうな小物を暫く作ろうかなと思い、まずは針山を作ってみました。
いづれもアンティークのお猪口に縮緬や綸子で作った針山をセット。この針山は割れ物なので発送する時はいつもなんとか無事に届くようにと苦心するのですが、プレゼントに良いように木箱に入れて発送予定です~
006_20111109103504.jpg

枯れた木綿の巾着

布団側として使われていたと思われる縞木綿から仕立てた巾着です。ここまでと言うぐらいに使いこんであるもので枯れた風合いになっています。スレなどもありますが、それも古い木綿の味わいとして残しました。底はこちらも古い酒袋。アクセントに柿渋染めの幟旗から切り取った小さな端布をパッチしてみました。

002_20111107081701.jpg

絵絣&酒袋の斜め掛けバッグ

松竹梅と鶴亀のおめでた柄の絵絣に酒袋を合わせた斜め掛けのバッグです。
表が松と鶴亀。裏が竹と梅の柄です。なかなか出来の良いものなのですがこうした絵絣を活かすにはどうすればいいのかなあと、いつも迷います。
この度は酒袋の面積を大きくしてみました。いつもですと柄を見せたくてつい絵絣を大きくしてしまうのですが、却ってこのバランスは良かったように思います。大きく取った酒袋に何かパッチしたくなる気持ちをグッと押えて
シンプルに仕立てました。なかなか良くなったかなあと自己満足(笑い)。
006_20111102081525.jpg

錦紗のスカーフ

暫くつづいたスカーフもこれで一応ラスト。。。
こちらはアンティークの錦紗から仕立てたスカーフです。こっくりとした紫が魅力。柄は結構派手ですが落ち着いた雰囲気になりました。柔らかな錦紗の肌触りを楽しんで頂けそうです。

考えてみると古布のスカーフを一体何本作ったのだろう?
基本的に形は同じですので、いいなあと思う布に出会いさえすれば簡単に作れるのが魅力。成功のカギは素材力ですね。
やはり元が良いものは仕上がりも良くなるように思います。
ちょっとなあ~~と思うものはイロイロと手をかけてもそう簡単に良くはなってくれない!

ただ不思議に思うのは作ってはみたもののどうもと思ってそのままお蔵入りにしておいた物を忘れたころに見つけたりすると、意外に良く見えたりすることがあります(その反対もありますけどね!)。
先日もずっと以前に作って、そのままになっていた物を友人にプレゼントしたら早速使ってくれていて、おお、素敵とびっくり。
こうした小物は、使い方やアレンジの仕方でずいぶんと変わるものだとつくづく実感しました。

034.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索