Entries

お猪口の中の桜

今年は寒さが厳しかったせいでしょうか、いつもより桜の開花が遅れているようです。
北海道もまだ上陸していないのではないでしょうか?いつなら丁度ゴールデンウイークの頃に見頃となるのですが今年はどうでしょう?
我が家はようやくレンギョが咲きだしてきましたが梅はまだですねえ~~
そこでお猪口の中に桜を咲かしてみましたーー一寸、柄が大きかったので桜と判るかどうか?なのですが・・・・
001_20120430072612.jpg

スポンサーサイト

麻の夏巾着

ゴリゴリの麻と時代のある柿渋染めの幟旗をセットした夏の巾着です。
ポイントに岡目とひょっとこを貼りつけてみました。これは子供の帯だったものです。
麻は反物状態だったものですが畳んでそのままになっていたのでしょうね。折跡がついていて線が入ったようになっています。まあ、これはしょうがないですね!

017_20120427072458.jpg

久しぶりの幟旗バッグ

時代のある幟旗を柿渋で染めたものから仕立てたバケツタイプのトートです。
枯れた色と風合いが何とも言えない良い幟旗で最近のものとは一味違う雰囲気です。
底は優しい色の酒袋を持ってきました。アクセントにこちらも古い木札を付けて、、ついでに岡目・ひょっとこの陶玉をぶら下げてみました。んんん。。。ちょっとやりすぎかなあ~~でも大丈夫。これは取れます(笑い)。
001_20120425103751.jpg

チョッピリ派手な古布バッグ

柿渋染の家紋の風呂敷からバッグをと思ったのですが、紋のところに結構シミや汚れがあってどうも丸々使えない・・・で、半分ほどを使うことにして残りは3種類の木綿を繋いで凌ぎました。
こんな風に繋いでいくのはあまりしないパターンなのですが、どうもピンとこないーーそこで型抜きのこれは篆字かな?でポケットを付けました。ついでに知人作の岡目付きの木札も下げて賑やかに仕上げましたがどうかな?
003_20120421072814.jpg

酒袋から巾着

巾着を2点作ったところでこれで巾着は終わり、と思ったのですが酒袋がミシンの脇に。。。
で、これもと思い巾着にしてみました。
繕いが、まあこれでもかと言うぐらいあるもので、小穴もあいているという代物。
ここまで補修しながら使いこんだのですからアッパレですね~
これは内袋をチラリと見えるようにしてアクセントにしてみました。これも書生絣が目につくところに合ったので使ったのですが寸法がなくて上だけとなりました(笑い)。
002_20120418074513.jpg

続・夏の巾着

鳥獣戯画の型抜きから仕立てた夏の巾着です。蛙が夏っぽい???
底には麻を持ってきました。なんかこれと言った工夫がないのですが大きいサイズの型抜きだったので一面に使って柄の面白さを活かしてみました。こうすると裏が難しい~~
あれこれ持ってきてみたのですがどうもピンとこなくて結局書生絣を持ってきたのですが、どうもねえ~~です。
001_20120417121950.jpg

夏の巾着

手織りの多分東北の物と思われる麻布から仕立てた夏の巾着です。
かなり古い麻布だとおもいます。ざっくりと織られたかなりハードなもの。その質感をいかして極力手を加えないで仕上げてみました。底は酒袋。アクセントに大島をチョッピリ覗かせました。その代わりと言ってはなんですが
内袋は草木染めの良い大島を持ってきました。
浴衣に合いそうですね~~
004_20120414131844.jpg

ボタンの面白さ

先日作った麻のポーチをショップにアップしようと思い何点か作ってみました。
表は綿・麻、内袋は絣と型染めの2パターンです。
もう少し手を加えたい気持ちをグッと押えてシンプルな大人の雰囲気に仕立てました(笑い)。

アクセントは留め具のボタンーーいずれも木製ですが個性的な面白いものを持ってきてみました。
ボタンはアンティーク物にも面白いものがありますし現代のものもユニークなものがありますね~~
ただ、いいなあと思うものはお値段が!!!
007_20120413071526.jpg

端午のお節句に

我が家ではお雛様を旧暦と言うことで一月遅れで飾ります。
しかし何故か端午の節句は普通どおり????なんか矛盾を感じますがそういうことになっております。
で、この度は男児のお祝着を飾ってみました。よくある構図でそれほど古いものではありませんが、いまどきの派手なものとは違う落ち着いた可愛らしさがありますね~~
006_20120411165239.jpg

麻のポーチ

麻と綿の交織の面白い雰囲気の布が手に入ったので夏のポーチを作ってみました。
縦に綿糸を使っているので柔らかな雰囲気が魅力。おそらく手織りだと思います。かなりざっくりとした物ですがどういった物に使ったのでしょうか?
中は書生絣にしてすっきりと仕上げました。もう少し飾りを入れるべきかどうか迷っております!
001_20120409075918.jpg
002_20120409075927.jpg

春らしくないスカーフ

世間さまは春だと言うのにさっぱり春めいてこない私です(>_<)。
今朝も積もった雪のせいか、ナカナカ良くならない膝のせいか(笑い)。
作るものも春らしくないなあ~~  これは一応スカーフにしてみましたが、というものです。んん秋っぽい!

端布で手に入れたので元々なんだったのか判らないのですが多分、襦袢かなあと言う雰囲気の物。
何とも良い色で大好きなのですが、サイズも少ししかなくて一部スレもあったりするのでナカナカ使い道が判らずにいたものです。布を探していてふと目にとまったので単純にスカーフにしてみました。長さが少し足りないのですが、男性の方がお使いになったら素敵かなあと言う感じですね~~
005_20120408141109.jpg

スヌード

春の大嵐が収まったと思ったら気温はマイナスとプラスのあたりで足踏み状態。
なかなか一気に春と言う訳にはいきませんね。
先日の杢目絞りスカーフが家人にイマイチと言われたのでスヌードに直してみました。
巾が足りなかったので大島を入れてみました。
これならどうかな???
010_20120406075220.jpg

続・針山

先日に続いて針山シリーズです。
針山に丁度良い入れ物の手持ちが少なくなってきてこの度は手持ちのかなりレアな物も使いました(笑い)。
特に錦紗の桜柄をセットした物はある方から頂いたのですが、なんと猫が描かれています。こんな雰囲気の猪口は
初めて見ました。昭和モダンと言う感じでしょうか、珍しいと思います。大事に取っておいたのですがこの度思い切って使ってみました。もう少し豪華な布をセットしたら良かったかなあ~~
古伊万里系の藍の染付と古九谷の猪口もこの手の物にしては状態も良く出来の良いものです。やはり量産された印判のある意味いい加減な物とは違いますね~~と一人悦に入っています(笑い)。
006_20120403064131.jpg

春の絞りスカーフ

大胆な蜘蛛絞り(?)のふわふわ柔らかな質感をそのまま活かしたスカーフです。幅がたっぷりあるのですが長さが短かったので両端に端ミシンをして後は黒のリングで留めるようにしてみました。
リングに着けた小さな花がアクセント。いつになく甘い感じにしてみました~
画像では見えにくいですね。
003_20120402080101.jpg

絞りスカーフ

古布をリメイクしたスカーフやバッグを作るようになってかなりになりますが、そのほとんどは嫁入り先が決まって手元には残っていません。
ただ、時々どうしても残ってしまう子達もいますーーその大半は自分としてはいいなあと思うものーーこれって笑えますが自分がイイ、と思うものほど嫁入り先が決まらないといのが常です。
ある方が「自分のイイナと誰かのイイナが合った時に売れる」とおっしゃっていましたが、まさにそうなんでしょうね。
これはそうしたことから言うと、まず残りそう!!!で、そういう時はどうするかーー連れ合いにプレゼントします(笑い)
これは杢目絞りが何とも素敵なもの。巾の広さを活かして端ミシンをかけただけーーひたすら布の良さを味わえると一人で悦に言っていますが家人は????だそうです!
003_20120401074323.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索