Entries

油単から斜め掛けバッグ

自分が藍染が好きなせいか、街を歩いていても藍染のバッグを持った人がいるとぱっと目に入ります。
先日も藍染の大きなバッグを持った方がいて素敵だなあ~と目が釘づけ。
それに触発されてこの度は油単から斜め掛けを作ってみました。
割合と状態がよくて白く抜いた家紋がきれいにのこっていたので家紋をいっぱいに入れてみました。
いいようなうるさいような????
DSC00112.jpg
スポンサーサイト

絞りのスヌード・ラスト

寒いゴールデンウイークの幕開けとなった北海道です~
冬に逆戻りしたような寒さー我が家は暖房を入れています。いつもですと桜がという時期ですが今年はどうなんでしょう~我が家の梅も開花までにはもう少しかかりそうですね。

絞りのスヌードもこれで一応打ち止め。これは幅をぐんと広くしましたのでかなりのボリューム感があります。藍の絞りはいいですね~大好きです。たまには浴衣を新調したいなあ~
DSC00105.jpg

続・絞りのスヌード

絞りのスヌード2作目。
前回より長めに作りました。長めにすると輪に通してという巻き方ができますが、二重に首に巻くと少々中途半端な長さかなあ?? このあたりは好き嫌いのあるところですね。
DSC00079.jpg
DSC00084.jpg

絞りのスヌード

絞りの浴衣から仕立てた夏のスヌードです。草むしり用の汗取りかな(笑)。3種類の絞りをつなげたので出し方で感じが違います。木綿が気持ちの良い季節ももうすぐですね。
DSC00077.jpg
DSC00078.jpg

古布ポーチ Ⅱ

古布ポーチ2作目です。
こちらは手織りかなと思われる良い雰囲気の木綿の筒書きから仕立てました。
いいなあと思う筒書きはなかなか手に入れることが難しいーーで、これは私の中ではかなりの贅沢ポーチになりました(笑)。
DSC00034.jpg

古布ポーチ Ⅰ

木綿の小物を何点かまとめてアップしようと思い古布ポーチを作りました。
まずはしっかりとした格子木綿から。このタイプのものは私も日常的に使っているのですがなかなか便利。
ボタンで留めるとしっかり感がありますね。
DSC00032.jpg

久しぶりのがま口

久しぶりにがま口を作りました。
どうにもがま口は難しい、というか私とウマが合わないのかなあ=
型紙を自作してみても既成のレシピを利用してもどうもピンとこない。。。
まずは作りなれることが大事とあるのですがいくら作っても思うようにいかないんですよね~
んんん。。。。。もう少し作るべきかどうすべきか。。。。。
DSC00031.jpg

シルクオーガンジーをかけたトンボスカーフ

先日作った絽のトンボ柄のスカーフの残り半分で仕立てたものです。
一ひねりしようといろいろ試行錯誤したのですがなかなか難しい!
裏に絽縮緬の黒を回して上にはシルクオーガンジーをかけてみました。オーガンジーは挟み込んだ状態にしたので自由に動かせます。上にかけるのと下に回すのでは雰囲気がかなり違うので2度おいしいというところを狙ったのですがどうかなあ????
DSC00016.jpg
DSC00017.jpg

酒袋&半纏のペタンコトート

酒袋の底部分と半纏を合わせたトートです。
ちょうど底に面白い繕い跡があったのでそれを使いたくてそのまま利用しました。半纏は柄(?)部分が片面分しか取れなかったので裏にはポケットを張り付けて携帯を入れるようにしました。ちょこっとそこまでの面白いトートになったかな?
DSC00006.jpg

酒袋トート

繕い跡を活かした酒袋トートです。
繕いのある酒袋が大好きー何回か作りましたがドンピシャとくる繕いはなかなかないんですよね。
こちらの都合のいいようにはいきません(笑)。
この度のものはかなり派手な繕いですー縫い目もザクザクー酒蔵の男衆がしたのかなあ~
面白く仕上がりましたと自己満足。
DSC00004.jpg
DSC00005.jpg

とんぼのスカーフ

絽に絞りのとんぼが何とも素敵でしょ~
残念なことに少々シミがあるのですがまあ、それは目をつむって。。。。
どうしたらよいかと散々悩んだのですが、結局ある程度しっかりとさせた方が良いと思い、中に薄い胴裏を挟んで黒の縮緬と合わせました。夏物なので絽縮緬と合わせてとも思ったのですが今回はこちらで落ち着きました。
今回と言っても残りはこの半分なのであと1枚でおわりーー良いものはなかなかうまく手に入れることは難しい!
DSC09984.jpg

椿のスカーフ

只今北海道は雪ーー今年はいつまで降るんだろう~
どんどんと雪が消えて行っていますがこうして時々降ります。しかし今年はいつまでという感じ~

さて今日は椿柄のスカーフ。ある方にプレゼントするために作りました。
取り切れなかった薄汚れなどもあるのですがこの椿はなかなかよく描かれていると思います。
手書きの加賀友禅と言われたんですがどうなんでしょう??落款がないんですよね。
この布ももうこれで最後かなあ~~ 訪問着や付け下げは取れる柄部分が限定的ですからものによっては
いくらも柄が取れないということもあって、そこが残念!
しかしこの布は扱いずらかった。。。
DSC09981.jpg

レトロなお懐紙入れ

私の好みはどちらかというとすっきりシャープな印象のもの。甘いロマンチックなものというのはどうも苦手。古布でもやはりそんな雰囲気のものに惹かれます。
ただ古布の中にはこれぞ古布、というか独特の雰囲気のものがありますね。。。これもそんなものから仕立てたものですー手前のお懐紙入れなどはある意味くどさがあって一種独特の雰囲気。こうしたものにも妙に惹かれる私です(笑)。
DSC09978.jpg

アンティーク襦袢

今年はなんだかばたばたとしていて次々に用事が入ってくるので落ち着きません。
おまけにそういう時に限って人手がなかったりするんですよねーと家の片付かない理由にしています(笑)。

久しぶりに着物を架け替えました。以前にもアップしたと思うのですが男物の襦袢。昔話がテーマですね。
桃太郎と舌切り雀かな。着物はもはや日常着ではなくなってしまったということが一番の理由だと思いますが、現代の着物はどうしても無難、というというところに落ち着いてしまいますね。
一昔前は本当に自由な発想で面白いものがあったんだなあと実感。DSC09954.jpg
DSC09955.jpg

残念なお懐紙入れ

私が古布に興味を持ったのはもう40年も前になります(自分でびっくり!)。
関西で学生時代を送ったので骨董市によく行きました。その頃は今のような古布ブームとは違っていましたが当時とすれば結構高価だったと思います。たまにお小遣いをためて型染を手にするとすごくうれしかったものでした。筒書きなどは本当に高値の花で遠くからいいなあと眺めていたものです。

今はネットで手に入るようになって家に居ながらにして買えるのですから信じられないような時代になったものです。でも直接手に取れるわけではないのでたまに届いたらがっかりということもあるわけで、これもそんなものから作ったもの。シミが全体にあって使える部分が大きく取れないのです。せめてお懐紙入れにならないかと作ってみましたが柄取りの関係でどうしてもシミが入ってしまいました。後は小さな巾着ぐらいかなあ~

DSC09962.jpg

錦紗のスカーフ

納戸で布を探していたら状態の良い錦紗を見つけました。菊がちょっと甘い感じで私の好みか少々外れるので使わないでいたものです。
錦紗の裂き織をなさるという方がいらしたので半分ずつにして残りでスカーフにしてみました。菊柄というのが季節的にどうかなとも思ったのですがまあいいかと(このあたりすごくいい加減!)若草色をのぞかせて明るく仕上げてみました。古布らしいレトロ感のあるもに仕上がりました。
DSC09957.jpg

柄を楽しむアンティークスカーフ

アンティークコートから仕立てたスカーフです。もともとコートだったということもあってしっかりとしたものですが時代の割には状態もよくレトロ感が面白く出ました。
とても個性的な雰囲気です。
DSC09922_20130407134422.jpg

個性的な針山

いつもはお猪口にセットすることの多い針山ですがこのたびは大き目の入れ物にセットしてみました。
一つは好きだった粉引きの器。もう一つはアンティークものです。
針山だとこのぐらいが限度かなーー
あまり大きいと可愛くありませんものね。このサイズだとバラのように重ねるタイプがいいかなと思い木綿で作ってみました。家人はきれいな縮緬のほうがいいというのですがそうかなあ~
私は結構いいと思うんですけどねえ。
DSC09914.jpg

久しぶりのヤフオク

たまりにたまった古布や古いものの整理をしようと久しぶりにヤフオクに出品しました。
春の日差しを感じると片付けよう~~という気になりますね。
昔は骨董市にいって買うということしかできなかったのですがネットで買えるようになるとついつい簡単に買えるのでたまっていくんですよね。。。
おまけに実際に手に取って買うわけではないので届いたら????と思うこともしばしば。まあ実際自分の目で見て買っても失敗は結構あるのでこれは仕方がないかとも思うのですがねえ(笑)。
とりあえず手元にあるものからぼちぼちと出していこうと思っています。興味のある方は覗いてみてくださいーと最後に宣伝です(笑)。
DSC09908.jpg


縞木綿のトート

枯れた風合いの縞木綿に半纏の衿部分を合わせたトートです。
布団側として使われていたものと思われる縞木綿は使い込まれて今は静かに枯れた風合いとなっています。
この縞木綿、好きなのですが裏には沢山の補修跡があってよいとこ取りで使ってもうあまり使える部分はなくなってきましたー残念。

DSC09873.jpg

藍木綿のたっぶりトート

早いもので今日から4月。
北国もようやく春めいてきました。お日様の力はすごい~ 日当たりの良いところから雪がぐんぐんと融けていきます。
春一番の大きなトートです。藍染木綿の良さを活かしたいと思い極力手を加えないでシンプルに作ってみました。全部で5種類の木綿をつないであります。使い込まれた藍の良さを味わっていただけると思います。風合いを損ないたくなかったので芯も張らずに薄い木綿を挟んでありますーで、柔らかクタクタ。内袋も手織り木綿の良いものを持ってきました。
DSC09857.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索