Entries

和のポーチ(絽)

「和のポーチ」と名付けてみたのですがどうでしょう? つまるところ数寄屋袋なんですが(笑)。
ちょっとカッコイイかと思って。
アンティークの絽の丸帯から仕立てたものです。アクセントは大きなボタン。紐の結びのような面白いものです。しかし絽の丸帯とは贅沢なものですねえ~
DSC00337.jpg
スポンサーサイト

整理

先月から久しぶりにヤフオクに使わない古布を出して整理を始めたのですが、この度は結構真面目に続いています(笑)。いつも面倒になってそのうちやめてしまうのですがこの度は2か月目に突入。
すこーしは片付いたかな?

整理をしていたら、お嫁に行きそこなった物や仕上げたけれどショップに出すにはちょっとなあというものが
出てきました。
一寸なあと思ってはみても捨ててしまうのも作り手としては忍びなくそのままにしておいたものなどが結構あります。
そこでこれらもヤフーに出そうかなと思っています。
興味のある方は覗いてみてくださーい。
DSC00329.jpg

続・蚊帳スカーフ

前回作った蚊帳スカーフは、巾を半分にして仕立てたので残り半分でもう1枚作りました。
こちらは小穴が何カ所かあったので大島をパッチ。これはこれで面白くなったかな~
DSC00286.jpg

蚊帳スカーフ

久しぶりの蚊帳スカーフです。
探し物をしていたら墨染めの蚊帳を発掘!
もう手持ちはないと思っていたのですが、お宝発見です(笑)。墨染めの蚊帳は私の大好きなアイテム。久しぶりにスカーフにしてみました。
サイドに大島をあしらったいつものタイプですが、これを見ると夏が来るなあと思います~
DSC00285.jpg

麻の夏巾着

古いけれど状態のよい麻布から仕立てた夏巾着です。上にはやはり麻の絵絣を合わせてみました。
オシドリ(?)を織り出したとても凝った絵絣です。
麻なのでとても軽いーー目も粗いのでもちろん芯を貼りましたがあまり重いものを入れるのには向きません。携帯に小銭入れ、ハンカチぐらいを入れて浴衣に合わせたらぴったりかな~
DSC00275.jpg

タンポポ柄の夏スカーフ

一寸珍しいタンポポ柄の古布から仕立てたスカーフです(前にも作ったかなあ??)。色々な花が柄としてありますがタンポポというのはこれよりほかに見たことがありません!
一部に透けたところがあったりなかなか凝った布です。
裏には黒の絽を持ってきました。長さが少し足りなくてショートタイプになりました。
DSC00264_20130521082320.jpg

絽の夏スカーフ

今回は裏を着けた絽のスカーフです。
涼しげな柄が魅力。裏には薄手の縮緬を回してみました。
DSC00263.jpg

上布のスカーフ

良い上布から仕立てた夏の古布スカーフです。
夏のスカーフを作るときは裏を着けるべきか否やといつも悩むのですが、この度は一重で仕立てました。
そうするとどうしてもボリューム感に欠けることがあるんですよね~
そこでスプレー式ののりを聞かせてまあ、もともとパリッとはしているのですがさらに張りが出るようにしてみました。長さが少し不足でしたので大島をつないでさらにアクセントに龍郷柄の大島をパッチ。一寸、甘いかなあ???

DSC00253.jpg

刺繍を楽しむ小さな巾着

暫く大物(バック)が続いたので一休みの気分で小物を作りました。
刺繍が魅力の小さな巾着です。
久しぶりにつがり糸で紐通しを作ったので、思い出しながらしたらんんん、、またまたへまをしてしまいました。。直そうと思うと針穴が残るのでそれもなあと思い何とかつじつまを合わせました(笑)。
こうした繊細な刺繍は見ているだけで心がなごみますね~
DSC00249.jpg

絵絣トート

木綿のトート3作目。
一応これで予定通り木綿のトートを3個作りましたーああ、疲れたあ!
こちらは鯉を織り出した絵絣ーなかなか珍しい図柄です。柄を切りたくなかったのでスタンダードに柄をいっぱいに入れて底に酒袋を持ってきました。
絣という技法は本当に素晴らしいですね。
DSC00224.jpg

筒書きトート

木綿のトート2作目。
こちらは大好きな筒書きから仕立ててみました。紋をいっぱいに入れたのですが白地に汚れがあってこのまま使える限界かなあ~
本当は柿渋で染めようかなとも思ったのですが、それよりもこのまま活かした方がいいかと思い手を加えないで使いました。裏は折鶴柄の型染を使ったので結構面白くなったのですが、んん、画像を撮るのを忘れました!
DSC00213.jpg

型染木綿のトート

自分用のバッグは数年前に購入した木綿をつないだバッグーーなぜ自分で作らないのーーって言われるんですが(笑)-気に入っているので!
ほぼ毎日使っているのでそろそろ限界に近づいてきました。家紋部分も柿渋で染めてあるのですが(?)かなり色が飛んでしまい、あちこち小穴もー繕いながら使っているのですが「年季が入っているわねえ」と言われるようになりました。

こうなると単にぼろバッグ! それも結構好きなのですが、そろそろ新しいものにしようかといくつか木綿のバッグを作ることに。。。例のごとく納戸をごそごそー2,3よさそうな布を見つけたのでいくつか作ってそのうちの一つを自分用にと予定しています。
まずは手始めに型染木綿をつないだバケツバッグ。型染も最近は良いものに出会わなくてだんだん手持ちが少なくなってきました。このバッグは型染の上に使った縞木綿が大好きな布だったのですがこれもそろそろおしまい。
うーん、残念!
DSC00212.jpg

続・縮緬のお懐紙入れ

一昨日の続きで縮緬のお懐紙入れです。
手前の椿柄のものはかなり古い縮緬で、柄の中に柄を描きこんだかなり凝ったもの。時代を感じさせるものです。
後ろは錦紗の留袖だったもので、これは時々見かけますね~ こちらは状態が良いのが魅力かな。
DSC00163.jpg

アンティーク縮緬のお懐紙入れ

昭和初期のかなり古い縮緬から仕立てたお懐紙入れです。
古いものになると色々と難があってお懐紙れ分を取るのもなかなか難しいのですが、少しの難はあるものの何とか取れました~
手前のものはいかにもという感じのある意味くどさがあって面白いのですが少々色がさめているのが残念。      後ろのものは襦袢だったのですが結構状態が良かったものです。
この着物たちが辿ってきた時間を味わっていただけると嬉しいなあ
DSC00162.jpg

幟旗の巾着

柿渋で良い色に染まった幟旗から仕立てた巾着です。片方は黒を基調とした部分を取って反対は赤を出したのでそれぞれ違う雰囲気を楽しめそうです~
DSC00141.jpg
DSC00143.jpg

型染木綿&酒袋の巾着

久しぶりの巾着です。
酒袋をメインにして小さな木札をアクセントにつけてみました。お風呂屋さんの木札ということで購入したのですが(確かに桜の湯と焼印がおしてあります)。とても小さなものでどんな風に使ったのでしょうね。
昔、銭湯に行ってた頃も木札を入れる今で言うロッカーがありましたが、それはもっと大きなものだったなあ~
DSC00140.jpg

山陰絣のトート

油単の斜め掛けに続いてもう1点木綿のバッグを作ろうと絵絣を出してきました。
なんとなく作っていたら、んんんん。。。。これ見たことがあるーーなんと少し前に作ったものと全く同じ。裏側にも同じ絵絣を持ってきていました。そりゃあ見たことあるはずですよね!
我ながらあきれてしまいました。まあいつも同じようなバッグしか作っていないので同じようなものになるのですが表も裏も同じ作りとはねえー笑ってしまいました。
そこで少しは変えようと持ち手を変えてみたり木札をアクセントに貼ってみましたがどうかな~
鶴亀が力強く織り出された良い絵絣ですね。
DSC00120.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索