Entries

豪華なスカーフ

9月も今日でおしまいー早いですねえ~
来月は狸庵で狸まつりがあるので布の整理をしています。毎年使わない布をこちらのバザーに出させていただいています。おかげで私も整理が出来てとても助かっています。
和の手作り品が沢山並ぶとても素敵なバザーですよ。お近くの方は是非行ってみてください。

 期間 平成25年10月19日(土)~10月20日(日)
  場所 小樽市新光4-25-2

そんな訳で布の整理をしていたら、またまた忘れていた布を発見。柄が牡丹なので時期的にどうかなあとも思ったのですがスカーフにしてみました。
金彩が施されているのでパーティなどにもよさそうですね~
DSC01100.jpg
スポンサーサイト

木綿のお懐紙入れ

大島、縮緬ときて木綿というのも妙な分類ですが、まあ良しとして。
この度は木綿のアンティーク着物から仕立てたお懐紙れ(私の場合はポーチとして分類しているのですが)です。中を2カ所に分けてボタン留めにしてあります。
木綿はこの方がおさまりがいいかなと思って。。。
どちらもちょっと個性的な面白いものになりました。
DSC01078.jpg

縮緬のお懐紙入れ

さて今回は縮緬でお懐紙入れを作ってみました。
いずれもシボのしっかりとした良い縮緬です。後ろは波柄のぼかしの部分を持ってきましたのでとてもはんなりとした大人の印象になりました。手前は四季の花が描かれていますが季節に合わせて菊をメインに持ってきました。
やはり縮緬はそのふんわりとした感じが何ともいいですねえ~
触れていると気持ちまで優しくなってくるようです。
DSC01060.jpg

大島のお懐紙入れ

久しぶりのお懐紙入れです。
この度は材質を変えて作ってみようかなあと思い立って、まず大島で2点作りました。
龍郷の大島を見ていると素晴らしいなあと見とれてしまいますね。もっともスタンダードな柄だと思うのですが最も素晴らしいのではないかと思います。大島の中では一番好きかなあ~ 
ただこれは着物で着たら難しいような気もするんですがどんなもんでしょうかねえ。
持ってもいないのに勝手なことを言っております(笑)。
DSC01049.jpg

酒袋ポーチ2種

酒袋のバックを作ったので続いて酒袋でポーチを作ってみました。
雰囲気の違う酒袋で作ってみたのですが柿渋がのった色の濃いものは本当に硬くて縫うのが大変!
ミシンの針は折れるし布はずれるしで、なんか酒袋と格闘しているという雰囲気ですね。
それぞれファスナーを取り付けるところは木綿を合わせたのですがどちらも良い雰囲気に収まったかな~
DSC01024.jpg

アートな酒袋トート

酒袋の繕い跡を活かしたミニトートです。
勝手にアートだと思って「アートな酒袋トート」と名付けました(笑)。どこがってね!
DSC01014.jpg

番外・ポーチ

古布ではないのですが好きな泥染めの布でポーチを作りました。沈んだ赤が良い雰囲気です。
一寸面白いプラの手作りボタンをあしらってみました。
んんん、ないほうがいいかな。。。迷いながら(笑)
DSC00997.jpg

酒袋&木綿のポーチ

酒袋に型染木綿と筒書きをセットしたポーチです。
こちらはボタン留めにしました。以前これと同じタイプのメガネ入れを作ったのですが、その時は大島だったのでこれより厚めのキルト芯を入れたのですがこの度は木綿と酒袋でかなり厚めなのでネルや薄手のキルト芯を挟んであります。そうものが入るというものではありませんがバックの中のお楽しみかな~
DSC00950.jpg

続・大島紬のポーチ

昨日に続いて大島のポーチです~
黒の紬と合わせようと作り始めたのですが、これがなんでもというわけにいかなくてうまく合う大島を選ぶのが結構難しかった! 作ってみると色々なことがわかってきますね。

DSC00936.jpg

大島のポーチ

古布でスカーフやバックを作っていると結構な端布が溜まります。
バザーやオークションなどにも出したりしていますが、それでも溜まる。。。
特に好きな大島などはつい溜め込んでしまいます。

そんな大島を活かしたいとこの度はポーチにしてみました。黒の紬とセットしたらナカナカおしゃれなポーチになりました~
DSC00932.jpg

型染木綿の巾着

昨日アップしたトートと同じ型染木綿から仕立てた巾着です。
表、裏それぞれ鶴と亀が出るようにしました。底は酒袋。スタンダードな形ですがシンプルですっと落ち着く形ですね~
DSC00923.jpg

古布木綿を楽しむトート

久しぶりのバックです。
鶴・亀の良い型染をメインに持ってきて、あとは色々な古い木綿を繋いでみました。
例によって初めのプラントは少々違ってしまったのですが何とか完成。型染の良さに助けられてそれなりにまとまりました。
DSC00918.jpg

大島スカーフ・ラスト!

さて、しばらく続いた大島スカーフも一まずこれでラストとします。
最後は9種類の大島を繋いで黒の紬を合わせてみました。画像が良くないですね!
一寸、狙ったところと違ったのですが、まあそれは次回に回すとして何とかまとめてみました。
これはこれで面白いかなと思いますがいかがでしょうか?
DSC00890.jpg

続・続大島スカーフ

さて、もう1点大島と無地の縮緬をセットしたスカーフです。こちらは裏には黒の縮緬を持ってきてあります。今までのこのタイプだと反幅いっぱいに使って裏も表も同じにしていたのですが、この度は裏に黒を持ってきてちょっと違った雰囲気も楽しめるようにしてみました。
この大島は一見すると大島らしくないのですが、よく見るとよろけの縞が何種類かの絣で織り出されているナカナカ凝ったもの。とてもおしゃれな雰囲気の大島です。
DSC00883.jpg
DSC00887.jpg

続・大島スカーフ

古いけれど未使用だったのかなと思える状態の良い大島から仕立てたスカーフです。
幾何学的に並んだ柄が大島らしい雰囲気のもの。とても凝った柄です。海老茶の縮緬と合わせてみました。
どちらも反幅いっぱいに使って途中でつないであります。大人の雰囲気が出たかな???
DSC00878.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索