Entries

またまた鴉のトート

ここしばらく鴉と格闘していたのですが何とか形になりました。
前回作った黒の紬はなんだか鴉にあまりに合いすぎるというかなんというか、どうもなあという感じで自分では???だったので今度は泥染めの木綿に合わせてみました。ハードなものなのである意味ミスマッチだとも思うのですが、こちらの方が合うような気がします。で、これで良しとしました(笑)。
DSC03719.jpg
スポンサーサイト

鴉のトート

鴉を織り出た羽裏をパッチしたペタンコトートです。
一寸そこまでのサイズ。黒紬に張り付けたのですが、これもいまいち相性がピンとこないーどうも最近上手くいったあ~という感じにならないなあ! まあ、そんな時もあるかなあ(笑)。
DSC03698.jpg

大島スカーフ

大島の着物を解いたのでそのままスカーフを作ってみました。
こうした大柄は今の大島には見られない柄ですが、とても古いというものでもありません。着物としては着こなすのが難しい感じもしますがスカーフにリメイクすると大きな丸紋がアクセントになりますね。
黒の大島というのも面白い感じです。
DSC03697.jpg

番外・手織りのショール

片付けをしていたら、以前手織りをしていた時に織ったショールが出てきたのでアップしてみました。
考えてみると昔から手芸が好きだったんですね。
織を始めた頃は結構熱心にしていたのですが、結局続きませんでした。そのうち織り機も物置にしまいこんでついには処分していまいました! それから裂き織をしてみたくなって、今度は卓上の織り機を購入したのですが、やはり私に織は合わないと感じて今や埃をかぶっています。そのうちにとは思ったりするのですがナカナカですね~
この2点は着物のショールとしてどうかなと思って作ったように思います。
DSC03693.jpg

椿のお懐紙入れ

椿は確か春の季語だったと思うのですが寒椿で冬の季語になるのかな??
まあ、そこはさておき椿を集めてみました。手前の銘仙は椿とは違うような感じもしますが、ご愛嬌で!
DSC03670.jpg

久しぶりの巾着(鴉)

元々は男性用の羽織裏だったものです。
鴉がなんとも面白くて、何とか上手く使えないかなあと思っていたのですが良い考えが浮かばないくてそのまま箪笥に眠っていました。久しぶりに手に取って思い切って巾着にしてみました。
扱いの難しい布で上手くいったかと言えばシワなどもあって一寸だなあ!
好きな布ほど自分のドンピシャに仕上げるのは難しいものですね。

DSC03659.jpg
 

続・続の大島スカーフ

大島を入れている箱を整理していたら良い龍郷の大島を見つけたのでスカーフに仕立ててみました。
大柄の龍郷は今の大島には見られない柄ですね~ 時代のある大島ですが状態が良いのでシミをさけて上手くスカーフ分取れました。この精緻な織を見ていると大島の魅力につくづくと魅せられますね。
DSC03658.jpg

続・ 大島スカーフ

これぞアンティーク大島という感じですね~
最近の大島には見られない柄ー着るには一寸勇気がいりそう(笑)。でも今のものにはない魅力がありますねえ~
アンティークにしてはとても状態の良いもので、これ一つでかなりのインパクトがあります。
DSC03632.jpg
DSC03631.jpg

大島スカーフ

久しぶりに大島のスカーフを作りました。
出来上がってみると狙ったところとは一寸違ったのですが、まあこれもありかなあ(笑)。
本当は黒の紬をメインに持ってきてサイドに大島をチラリと出してと思ったのですが出来上がってみるとやはり大島がメインかなあという感じになりました。まあ、どちらがメインでも良いのですが。。。
DSC03626.jpg
DSC03627.jpg

お懐紙入れを遊ぶ

友人とのガレージセールも無事終了!
 色々な方とお話が出来てとても勉強になりました。不用品が売れたのも嬉しかったけれど、全く知らない方と話をする機会が持てたことが何よりの収穫でした。
皆さんお話がしたいんだとつくづく思いましたー女性にとっておしゃべりはストレス解消ですものね~

さて、こちらは一寸遊んでいるお懐紙入れです。
手前の二つはボタンで遊んでみました。これが着物だったの?という感じでしょ(笑)。
後ろの黒はイタリアの生地に縮緬を合わせてみました。こちらは麻なんですよ~
DSC03584.jpg

昭和レトロなお懐紙入れ

銘仙とお召しから仕立てたお懐紙入れです。
どちらも昭和レトロ感一杯。楽しいお懐紙入れになりました。

昨日と今日は友人とガレージセールをしています。思いの外、嫁入り先が決まってガラガラになってしまったので今日は追加の商品を持っていく予定。でも雨模様なので今日はどうかな?
果たしてどうなるかなあと思っていたのですが、これは物の整理に有効な手段だと実感。特に洋服類はかなり捌けました。
お値段も100円から300円、500円が中心で高くても1000円ほどですのでお一人で何枚もお買い上げ頂けました。
クロゼットもすっきりしたし気分も軽くなりました。
DSC03564.jpg

銘仙のスヌード

片づけながら手元にあった銘仙でスヌードを作ってみました。
地色が葡萄色とでもいうのでしょうか、落ち着いた色なのでナカナカシックな仕上がりです。
銘仙は本当に色々なものがありますねえ~
DSC03559.jpg

懲りずに数寄屋袋

今月は友人とフリマをするので不用品の整理に追われ家の中は段ボールが一杯。おまけに狸庵で手作り展もあるので(例年こちらに整理を兼ねて古布を出しています)その準備をしなくてはならず毎日がバタバタと過ぎていきます。
そうなるとナカナカ作る方に気が回らないのですが、相変わらず数寄屋袋を作っています。こうしたらどうかなと思うところがあっていろいろ試しているのですが、これがベストというところまではナカナカたどり着きませんねえ(笑)。

こちらは紬地に金彩を少し入れた(着物としては邪道かなあ)ものと宝尽くしの訪問着から仕立てたもの。どちらも柄が面白いですね~
DSC03544.jpg

羽裏の楽しみ

アンティーク羽織の羽裏には本当に面白ものや素敵なものがありますね。
こちらは可愛い兎が一杯の羽裏。
赤に白の兎さんが何とも可愛くて、どんな方がお召しになったんだろうと想像して楽しんでいます。

DSC03533.jpg
DSC03532.jpg

型染木綿の数寄屋袋

さてこの度の数寄屋袋もようやく目途がついてきました。

糊で張り付けるという事は今までしたことがなかったので、いまいち手際が悪くのですが思っていたより良い仕上がりになりました。繊細な絹物で作るとどうなるか、まだトライしていないのでそのあたりは?なのですが木綿や紬はこんな感じかなあと思っています。和風ポーチですね。
DSC03497.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索