Entries

紋綸子のスカーフ

昨日と同じ紋綸子から仕立てたスカーフです。
華やかですね~ しばらく前にも同じ着物からスカーフを作ったのですが今回は裏を変えてみました。
DSC06015.jpg
スポンサーサイト

古布らしい紋綸子のお懐紙入れ

布の整理をしながらぼちぼちと作っております。
この紋綸子もいかにも古布らしい大胆で大らかな柄ですが、私的には少し派手すぎるというか若い感じであまり使ってこなかったのですが整理をしながら、んんん、案外いいかもとお懐紙入れやスカーフにしてみたりしてみました。
これが若い方には意外に好評でした。つい自分基準に考えてしまうのですが年代によって好みはかなり違いますね。古布には全く興味がない娘も欲しいと言っていました。このお懐紙入れと今作っているスカーフでこのきれもいよいよおしまいかな~
DSC06009.jpg

紬のスヌード

最近はスヌードが人気のようですね~
私もスヌードが好きですが、昨年手に入れたニットのスヌードはチクチクしてダメでした。年齢のせいか今までになく肌が敏感になってしまって。。。これは一寸がっかりでした!
まあその点、布は大丈夫なのでもっぱら自作です。こちらは紬2種を繋いだもの。一つは結城系のほっこりタイプ。もう一つの臙脂系のものは大島のような感じのさらりとしているタイプです。赤系の色はこの季節、温かみがありますね~
DSC05988.jpg
DSC05993.jpg

宝尽くしの巾着

久しぶりの巾着です。
巾着は私の大好きなアイテムですがお使いになる方が少ないせいなのがナカナカ嫁入り先が決まらないものの一つです。
それでも懲りずに作っております(笑)。
まあかなりの数は連れ合いの元にいっているのですが。。。
これは一寸変わった雰囲気の木綿から仕立てた巾着です。それなりに古いものですが少々面白みに欠けるのでどうしたものかなあと思っていたのですが巾着にしてみました。底は酒袋です。おめでた柄ですので縁起が良さそうですね。

DSC05987.jpg

杢目絞りのスヌード

これが着物地?とびっくりしてしまうような鮮やかな赤の杢目絞りから仕立てたスヌードです。
何だかプリーツプリーズを思いだしませんか?
これは幅をそのまま使って繋いだだけのシンプル仕立て。長さをどうしようかなあと悩んだのですが私の好きなショートタイプにしました。スヌードの長さは輪にして150㎝ぐらいに仕立てるのがスタンダードだと思いますが私のこの頃のスタンダードは140㎝前後。
これはさらに短くて130㎝ほど。私は首に沿うタイプがすき。 ただ長めにして、とご注文を受けたこともあります。長さは好き好きなのでしょうね~
DSC05981.jpg

オーガンジー×紫

先日のオーガンジーをあしらったスヌードが気にいったので今回は紫の膨れ織を持ってきてみました。
ただこちらのオーガンジーはソフトタイプ。黒と合わせた方はかなり張りがあるものだったのですがあれは使いきってしまいました。
どちらがいいとも言えないのですがまあ好みかなあ~
DSC05980.jpg

リッチな黒のお懐紙入れ

前回と同じ黒の膨れ織から仕立てたお懐紙入れです。
とてもリッチ感のある黒ですね。内袋にはそれぞれアンティークの縮緬を持ってきて面白味を出してみました。
DSC05967.jpg

黒を遊ぶスヌード

膨れ織の黒の道行から仕立てたスヌードです。
シルクオーガンジーをあしらってお洒落な感じに仕立ててみました。オーガンジーの透け感と膨れ織の立体感がうまくマッチしたかなと思いますがいかがでしょうか~
大人のスヌードですね。
DSC05959.jpg

七人の小人

今回も一寸珍しい着物をどうぞ~
なんとディズニーの白雪姫と七人の小人柄の着物です。白雪姫は描かれていませんが雪の結晶が描かれています。何ともびっくりするような柄でしょう!
浴衣ならありそうと思うのですが絹(混ざりものがあるかもです)の袷です。揚げの跡と紐がついているのですが、いくつぐらいの子が着たのかなあ??
着物の世界は面白いですねえ~
DSC05952.jpg

赤穂浪士

さて来月は討ち入りですね。

若い頃から古布が好きで集めてきましたが、小物を作るようになって拍車がかかり、今や家中に溢れています。と言いながらナカナカ片づけも出来ないで気ままに作っては遊んでいるのですが、今年は家族を含めて色々なことがありイヨイヨ本格的に整理の時期に入ったなあと思っています。
と、思いながらつい目について買ってしまった(笑)。
義士のモチーフと思われる男性用の襦袢です。最近はナカナカいいなあと思えるものが少なくなってきましたがこれは久しぶりのヒットですね~
画像が悪くてよくわからないと思いますが、内蔵助に赤埴源蔵重賢、笹竹を担いでいるのは誰でしょう? 赤穂浪士については良く知らなくて。。。誰がご存じでしたら教えてください。
DSC05931.jpg

続・お懐紙入れ

昨日に続いてお懐紙入れです。
こちらは刺繍ではありません。手前は椿があっさりと描かれた上品な付け下げから。奥はアンティークの錦紗の羽織から仕立てたものです。いまどきの羽織のイメージからするとずいぶんと薄手で派手な柄ですよねえ~
今は着物はすっかりフォーマルになってしまいましたのでこうした面白みがあるものって見かけなくましたね。
DSC05895.jpg

刺繍を楽しむお懐紙入れ

刺繍というのはとても贅沢な気分にさせてくれますねえ~
これだけ刺すのにどれだけの手間がと思うと凄いなあと感嘆!!! 真ん中のものは蘇州刺繍。扇面に海辺の風景ー松や千鳥がびっしりと刺しこまれています。人の手仕事の素晴らしさが凝縮されていますね。
DSC05894.jpg

古布らしい柄を楽しむスカーフ

古布らしい大胆な柄を描いたアンティークの紋綸子から仕立てたスカーフです。
ぼかしも入ってナカナカ凝ったもの。どこか素朴さがある大胆さが時代を感じさせますね~
裏には紫の膨れ織を合わせてみました。
DSC05889.jpg

ロマンチックな古布スヌード

前回と同じ椿柄の錦紗から仕立てたスヌードです。
アクセントに紫の膨れ織を入れてみました。
柔らかな錦紗のスヌードになりましたーただ地の色がスモーキーな桃色なのでこれは好みのあるところかなあ~
DSC05878.jpg

ロマンチックな古布スカーフ

アンティークの紋錦紗(?)と黒の縮緬を繋いだどこかロマンチックな雰囲気のスカーフです。
確か以前も作ったかな~
椿が大胆に描かれているのですが、どう使えばいいのかなと悩むような雰囲気のものでした。黒と合わせたら結構うまくいきましたね。

私は作りたいものがあって材料をそろえるタイプではなくて、好きな布を集めてそれから何を作ろうかなあと考えるタイプ。予定もなく購入するので、手に余るものも結構あるんですよね~
元々古布の収集から始まったことなのでとにかく布好きーーいまや古着の海を漂っておぼれかけています(笑)
DSC05871.jpg

柄を遊ぶお懐紙入れ

私が作っているお懐紙入れは女性用のお懐紙を入れることを想定して作っているのですが、たまに男性用の大きなサイズのものを、と言われることがあるので大として一回り大きなサイズのものを作ることがありますーまあめったにないのですが(笑)。
そんなことで久しぶりに大サイズを作ってみたのですが、んんん、、、2つ作ったらサイズが違う。どこで間違えたかなあ!
 唐獅子は良い柄ですが羽裏ですので薄いー芯との取りありが難しいですねえ。後ろの武者は凧絵に描かれた武者という構図で面白いのですが派手!!!ここまで派手だと 何に使えばいいかなあと思案していたのですがとりあえず作っては見たのですがどうですかねえ(笑)。
DSC05859.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索