Entries

続・秋の紬スヌード

前回アップした紬スヌードと同じ紬を使ったスヌードです。今回はアクセントに挟んだ色を金茶のお召しに変えてみました。
ぐっと渋くなったかな~
スヌードの長さの好みは人によってかなり違いがあるように感じます。
私はどちらかと言うとショートタイプが好きなので二つ折りにしてそこに通すように使うにはぎりぎり。
そこが悩みです。
DSC01669.jpg


スポンサーサイト

酒袋のシンプルトート

久しぶりに作った酒袋のシンプルなトートです。
ワンマイルバッグと言ったところでしょうか。こうしたものが私の最も好きなバック。基本的な何もない、素材そのものを楽しむというのが私の好みです。繕い跡が何とも言えませんねえ~ なあんて一人にやにやしているのですが、そう思うのは私だけかな(笑)。
DSC01650.jpg

真田紐

上田市立美術館の真田丸展も終了してミュージアムショップに置いていただいていたお懐紙いれが数点戻ってきました。
その中に嬉しいサプライズがあって真田紐の端布を同封してくださって、どうぞお使いくださいとのこと。真田紐は以前からいつかバッグの持ち手に使いたいなあと思って少しストックしていたのですが(結局そのままなのですが!)この度のものはいずれもとても奇麗な色で見ているだけでウキウキワクワクしてきます。
どう使おうかなあと考えて、まずはキーホルダーを作ってみました。以前型染などの木綿で作った時の金具がたーくさん残っていたので一寸色が合わないなあと思いながら、まあ良しとしてとりあえず2個。
DSC01651.jpg

絣のブラウス

以前材料として購入した絣のブラウスです。
ボタンも使っていなくてスナップ留め。洋裁のプロの方が作られたというより趣味でつくった、という感じのもの。材料になりそうな古いものを探していると、時々物のない時代に着物を解いて洋服に作り変えたのかなと思われるような手縫いの服に出会うことがあります。
これもそんな一枚かなと思ったのですが、ミシンやバイアスが使われているので作られたのは案外、最近かもしれませんね。
ただ布の方は使い込まれてすっかり柔らかくなって肌に優しいもの。なんとなく着れそうだなと思って取っておいたものなのですが、この夏は気が向いて結構着ていました。これがナカナカ着やすくて良かった~
こうした着物リメイクのものを着たり身に付けていると「着物から作ったのですか?」と声を掛けられることが結構あります。
日本人のDNAは着物にまだまだ反応するのかな~
DSC01556.jpg


柄を遊んだお懐紙入れ&金封袱紗

好きな色は色々ありますが黄色系の色目が好きで金茶は大好き。でもナカナカこれはという色のものには出会いません。
そんな中でこれはナカナカいいかなと思える一つ。おまけに花唐草。この柄がまた好きなんですよね(笑)。

残念ながら画像では色が上手く出ていませんね。もう少し良い色なんですがねえ~
新しいもので特別に高級というものでもなくやや深みに欠ける色ですが個性的な雰囲気があります。着物でお召しになると一寸難しい色のような気もしますが、どうなんでしょう。
DSC01505_201608210945206b2.jpg

お懐紙入れ&金封袱紗

シボのしっかりとした縮緬地の訪問着から仕立てたお懐紙入れと金封袱紗です。
ぼかしの入ったとても素敵なものですが柄がポン、ポンと飛んで入っているのでどこを入れようかとかなり迷ったもの。
私は想像力に欠けるので完成したらこうなる、という予測がうまく出来ない!
出来上ってみて思いの外うまくいったという事もある半面、うーんと思う事も結構あります。柄取りは思い切りが大切だと思うのですが
何だかもったいなくてついあれも、これもと入れたくなるーーこれが失敗のもとですね~
そんな意味で金封袱紗は狙ったようにはうまく柄どりが出来なかったものの一つ。
金彩ではあるのですがぎりぎり慶弔両用で使えないかなあと考えて作ったのですが、一寸物足りない。却って裏に回った方を表に回すべきだったと出来上ってから思ったことでした。
DSC01494.jpg
DSC01496.jpg

紬スヌード

単衣の紬から仕立てたスヌードです。夏紬と言うほどの透け感はありませんが、柔らかな肌触りの薄手の紬です。
アクセントに朱の紬を繋いでみました。
もう少し涼しくなったら活躍してくれそうな一枚でしょうか~
DSC01487.jpg

絞りを楽しむスヌード

アンティークの絞りの羽織から仕立てたロングスヌードです。
ふんわりとしたガーゼのような優しい肌触りと軽さが魅力。現代のしっかりとした絞りとは一味違った良さがあります。
ただこの時代のものは色止めがあまり良くなくて洗うと色移りをさせてしまうことがよくあるのですが、これは何とかという感じで少しの色移りで済みました。

DSC01484_20160811073926058.jpg

お懐紙入れ

お懐紙入れのリクエストがあったので、忙しくなる前にと思い仕上げてみました。
これからが私の本業のピークです(これはクイズですね。夏に忙しい仕事です、笑)。半分はiichiへアップ予定です。

私の作るものは以前は本当に古布という範疇のものから仕立てていたのですが、最近は着物リメイクという感じのものが増えてきました。私自身、広い意味で着物が好きということもあるし、いいなあと思える古布が手に入りづらくなっているという事もあります。
それはさておき、古布と言う時にどんなものをイメージするか、このことが最近凄く変わってきたと言うか一寸昔と違うなあと感じます。
お買い上げ頂く方の年齢が若くなってきていると感じるので、そのあたりが原因でしょうか?
古布であれなんであれ「もの」として良いものは良いのだと思いますが、私は年齢を重ねる一方なので感覚の微妙なずれは難しいものがありますね。
DSC01448.jpg



Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索