Entries

椿を楽しむ縮緬のスカーフ

白地の縮緬に薄墨でさっと描いたような感じの椿が何ともお洒落な小紋から仕立てたスカーフです。
裏には黒を回してすっきりと仕上げてみました。
椿は着物の柄として良く描かれますが、こんなあっさりとした感じが私の好みです。
ただ画像がうまく撮れていない。白は難しいですね~
DSC02241.jpg
スポンサーサイト

汕頭の金封袱紗

汕頭が続いています。
リクエストがあって金封袱紗を作りました。私の作っている金封袱紗は蓋が斜めになっているので柄どりを上手くしないと難しい~
こうした刺繍などは余白も大事ですね。さて今回のものはどうでしょうか?
DSC02239.jpg

続・汕頭刺繍のお懐紙入れ

汕頭のお懐紙入れをもう一つ。
汕頭は手の込んだものから簡単なものまで色々ですが、今一つこれは、というものに出会わない。あまりに手が込みすぎるとくどくなるようにも思います。その点これは色目と手の込み具合が私的に丁度かな~
DSC02210.jpg

汕頭刺繍を楽しむお懐紙入れ

汕頭刺繍というと一昔前の香港旅行のお土産の定番でした。
そんな時代を知っている人はもう少ないかな(笑)。
着物にも良く使われますが、これは相良刺繍なども加えてとても手の込んだもの。色も抑えてとても上品な感じ。
そんな雰囲気を壊さないように裏は柔らかな藤色を持ってきて品よく仕上げてみました。
DSC02185.jpg

元気の出る赤のスカーフ&スヌード

赤は元気の出る色ですね~
こちらはやや朱がかった赤。朱色というのが正しいのかな? 膨れ織の道行だったものでナカナカ個性的なものです。
スヌードはそのまま使ってやや細めに仕立てて黒をアクセントに入れてみました。糸ボタンがアクセント。
スカーフは裏にも黒の膨れ織を回してリバーシブル感覚で使えるようにしてあります。膨れ織というのはリッチ感がありますね。
これからの季節に暖かくお使いいただけるものになりました。
DSC02171.jpg
DSC02167.jpg

アンティークの絞りからロングスヌード

アンティークの絞りの羽織から仕立てたロングスヌードです。
今の感じからいうと昔の羽織ってこんな薄いものからも仕立てたの?という感じですね。
でもスヌードにした時はこの薄さが何ともいい感じになりますね。スカーフだとこれだと中に一枚、薄い胴裏を入れたくなりますがスヌードだとこのままがいいですね~
ここ最近は絞りにはまっていて絞りが続いているなあ。。。少々飽きてきましたね(笑)
DSC02162.jpg

絞りのロングスカーフ

暫く前にこの絞りでスヌードを作ったのですがまだ布の残りがあるので今回はもう1本スヌードとスカーフを仕立てました。
スカーフは幅をいつもより細めにしてロングタイプにしてみました。
この方がボリュームのある絞りにはいいようですね。
DSC02088.jpg

ずっ―と昔に作ったスカーフ

只今断捨離中です。
義母のタンスの整理をしながら自分のタンスも整理をしています。そんな中で見つけた一枚。以前はこうしたインパクトのある柄が大好きでよく作っていたのですが、これは扱いかねた一枚。柄の迫力がある上に色も大迫力、おまけに色移りや難もあってどうすればこの魅力が活かせるのか考えあぐねたもの。。。。やはり結局タンスの肥やし状態になってしまいましたね。
そこで少し手を加えて幅を狭くして、まあ何とか使いやすくしてみたのですが、どうかなあ~

DSC02082.jpg


絞りのロングスヌード

今年は絞りのロングスヌードがお気に入りーこの薄さとふんわり感はナカナカよいですね。
自分でも使っていますが、歳をとると軽いという事がとても重要なポイント、これはその点でも合格。
アンティークものの絞りですので少しの焼けや小穴があるのですが、首に巻いてしまうと気にならない。そんなところもこの手のスヌードの良いところかな~
DSC02078.jpg

刺繍のお懐紙入れ

刺繍は着物にしても帯にしてもとても魅力的。
私の大好きなアイテムの一つですが今まで見てきた刺繍の中で圧巻は蘇州刺繍かなあ~
その精緻さにただ、ただ見とれるばかりでした。

で、時々刺繍があしらってある着物を購入してみるのですがネットで購入した時はあまり詳しい説明もないので届いてみないとどんなものかもう一つわからないーーこれもそんなものの一つです。
刺繍があるとかなりお値段が張ることが多いのですがこれは意外にお安かった。もしかして掘り出し物かも、と期待していたのですがうーん、手刺繍ではなかった。

もっとも手刺繍ならなんでもいいというものでもないのですがねー確かに手刺繍だとは思うけど一寸なあと思うものの方が案外多いように感じます。これは手刺繍ではないと思いますがそれなりに出来が良いのではないかと感じるものです。
DSC02024.jpg

絞りのはんなりスヌード

引き続きスヌードです。
こちらは綸子地に絞りをかけたとても良い肌触りのもの。総絞りです。
優しい色合いが何とも品を感じますね~
元々道行だったので途中から幅が狭くなっています。その幅の狭い部分を使ってスヌードにしました。こうした絞りの場合ボリューム感が出るので却って幅が狭いほうがいいように感じます。そこで昨日作った絞り風のスヌードも幅を狭く仕立て直しましたーこの方がしっくりきますね。
DSC01984.jpg

絞り(?)のスヌード

パッと見た時には杢目絞りのように見えたのですが、よくよく見ると違っていたというもの(笑)。
白と黒でシックな印象ですが赤がアクセントのように絞りで入っています。とても立体感のある生地でこういうのをなんというのかなあ?。すごくでこぼこがあるので総絞りのように空気を含んでこれからの季節向きと思います。
DSC01963.jpg

個性的な帯地からクラッチ

更にクラッチが続きます~
実はそのうち帯からバッグをと思っていたのですが、どうもどういうタイプにしたらいいのかピンとくるものがなくてそのままになっていたのですが、クラッチはシンプルで帯から仕立てるものとしてはいいのではないかと気が付きました。
しばらく前は蓋のあるタイプを作っていたのですがファスナーにしたことでさらにシンプルになったかなと思います。
これは黒地に臙脂の漆糸(?)での花の織り出し。内袋は染大島の裏を持ってきたのですが、しっかり感を出すためにいつもは使わない厚手の芯を貼ったのですが、これは厚すぎました! やはりいつもの芯にすべきですしたねえ(トホホです)。
DSC01958.jpg

寿光織りのクラッチ

昨日に続いてクラッチです。
ファスナーを付けたシンプルなクラッチ。このところのクラッチタイプの私の定番です。
中は金茶を持ってきました。このサイズですとバックの中にすんなり納まるので一寸という時に便利かなあと思います。
DSC01953.jpg

寿光織のお懐紙入れ

義母の和服整理をしています。
着物好きな人でしたから(すみません故人ではありません・笑)おや、まあというような素敵なものが出てくるのですが年齢が年齢ですのでもう和服は着ないということになって整理をしています。
そんな中に見つけた端布です。寿光織と書いてあるので間違いないと思うのですが、実のところ寿光織というのは聞いたことはあっても手にするのは初めて。刺繍のような重厚感のある立体的な凝った生地です。道行でした。
お懐紙入れとクラッチバッグぐらいならできそうなのでまずお懐紙入れを作ってみたのですが、折り跡を上手く消せなかった!!!
うかつにも蓋部分にその部分をもってきてしまったのでこれは自分用ですね~
内袋は鳥獣戯画の襦袢地を持ってきてみました。
DSC01941.jpg

出し帛紗

実は私は出し帛紗というものは知らなかったのですが表千家でお濃茶の時に使うものだそうです。
そのリクエストを頂いて一度はお断りしたのですが(何せ見たこともないので)、ぜひにというご要望でしたのでとりあえず試作をしてみるという事で何枚か作ることになりました。

ネットで検索しましたら、さすがに時代ですね。作り方が出ていました。
ただ結構おおきいサイズなのでナカナカこれならという布の手持ちがない!! 反幅で60㎝は必要なので難しいですね。これは何種類かの布を繋いでも良いのでしょうか? そのあたりのことをご存じの方がありましたら教えて下さい。

まずは1枚作ってみました。 キセをかけて1本の糸で縫わなくてはならないなど、結構大変な面がありますが色々と勉強になりました。
1枚目はバテックです。
DSC01937.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索