Entries

続・お懐紙入れ

お懐紙入れをもう少し。

羽裏や襦袢の薄手のものは難しいなあ~

DSC02867.jpg

スポンサーサイト

お懐紙入れ増殖中

お懐紙いれの在庫がなくなってきたので少しまとめて作ってみました。

柄を楽しめるお懐紙いれは随分と作ってきましたが、柄物はナカナカいいなあと思えるものとの出会いは少ないので大切に使ってきたのですがイヨイヨ手持ちも少なくなりました。柄どりが難しいものやシミのあるものなどですが、どうかなあ??? 最近は古布を知らない方が随分と増えてきましたね~

お若い方は着物地に対する知識も少ないので大島紬と言ってもご存じない方も結構いらっしゃる。

つくづくとゼネレーションギャップを感じることがあります。

DSC02849.jpg

シックな絞りスヌード

紬地に絞りをあしらった雰囲気の良い男性用の襦袢から仕立てたスヌードです。
この生地もこれが最後かな??
このタイプの襦袢は良く見かけますが紬が薄手でやわらかくスヌードにすると良い感じですね~ ロングにしたかったけれどこれでぎりぎりでした! 

私は作るものを決めて布を買うというタイプではないので(なんとなく布を眺めて何にしようかなあと考えるタイプかな)、好きなものは同じようなものを貯めこんでしまうのですが、先日も絞りをしまってある引き出しを開けたらかなり処分したつもりでいたのにまだたくさんあって我ながら呆れてしまいました! その時々のマイブームで溜め込んでしまうんですよねえ。。。 悪い癖だ!

DSC02846.jpg

龍柄のポーチ

着物柄で男性用に多いのはなんといっても龍と唐獅子でしょうか?
強くてかっこいいですものね~ 私は龍が大好きなのですがナカナカピンとくるものには出会わない! それでも目につくとつい欲しくなってしまう(笑)。

これは帯だったのですが、どう使えばいいのか難しくて寝かせてあったものです。色が少々地味というかくどいというか難しい色ですね。主張が強いものは扱いにくいものだと実感。これを上手く活かす方法をもう少し考えなくてはね。以前にクラッチタイプのバックを作ったかなあ~  それも上手くいったとは言えない(>_<)。

で、この度はポーチにしてみました。帯としての表は茶色の方なのですが裏が良いような感じがして両方作ってみたのですがどうかな?
DSC02838.jpg

絞りスヌード2種

布の整理をしていたらまだ結構な長さがある絞りを発見。
スヌードにしてみました。アンティークの襦袢などに使われていた絞りは薄手のふんわりしたものが多いのでロングタイプにするのが好き。この質感はスカーフよりスヌードがいいように思いますねえ~
グレーの方は男性用の襦袢だったものですが、これなら男性の方にもよさそうですね。
DSC02814.jpg
DSC02819.jpg

大好きな紬からスヌード

この格子を織り出した紬は大好きな一枚。私にしては結構なお値段で購入したものです。前の持ち主もお好きだったのでしょうね~繕ろいの跡があります。
で、思い切って買ってはみたもののどうも活かしきれていない。
使い込んで柔らかく優しい雰囲気になっているのでやはりスカーフとかスヌードがいいかなとは思うのですが、どんな色とあわせたらいいのかもう一つピンと来るものが見つからないのです。
以前にも黒と合わせてスカーフを作ったかと思うのですが、この度は黒を裏に持ってきてアクセントに朱赤を入れてみました。 うーん、どうかなあ~~
DSC02808.jpg

大胆な柄を楽しむ大島紬のスカーフ

古いけれど未使用だった大島から仕立てたスカーフです。
仕付け付の物でしたが保存が悪くてシミなどが出ていましたが、水を通っていないバンとしたもの。ある意味もったいないですねえ~
裏にスモーキーな臙脂を持ってきて落ち着いた感じに仕上げてみました。
この柄の大きさが魅力かな~
DSC02787.jpg

蘇州刺繍の金封袱紗とお懐紙入れ

蘇州刺繍はその細かさが魅力ですね。私はそんなに何点も手に取って見たことがある訳ではないのですがやはりぴん、キリがあるようでいいなあと思うものとうーん、と思うものがありますね~
当たり前と言えば当たり前のことですが、色や柄、技術とすべてが完璧というのは難しいのでしょうねえ。。。これはどうでしょう?
前回作ったものよりは細かさに欠けるようにも思えますが上品な色遣いが魅力かな?
DSC02768.jpg
DSC02761.jpg

不祝儀の為の金封袱紗

時々金封袱紗を作りますが、ほとんどはご祝儀用。どうしても着物柄はお目出度が多くてそうなってしまうのですが、年齢を重ねると不祝儀の席が多くなってきます。で、これならどうかなと思ってお数珠入れとセットにして作ってみました。

松葉というのは不祝儀というのでもないのですがなんとなく落ち着いた感がいいかなと思って。。。DSC02743.jpg

続・藍木綿を繋いだトート

昨年末に「藍木綿を繋いだトート」を仕立てたのですがどうにも気に入らなくてそのままにしてあったのですが、思い切って解体。
ざっくりと鋏を入れてコンパクトに仕立て直しました。ようやく気分が落ち着きました(笑)。
しかし想定外の所で鋏を入れたので微妙にズレが。。。まあ、仕方がないか!
DSC02735.jpg

紬のほっこりスヌード

スヌードを作るときは最近は裏も表も反幅を活かしてそのままグルリと使うことが多いのですが、これは表と裏のコントラストを活かしたかったので裏には表(とした)紬の柄に使われている臙脂を持ってきました。暗めの朱色がこの時期暖かい雰囲気ですね~

DSC02727.jpg

杢目絞りのロングスヌード

アンティークの杢目絞りの羽織から仕立てたスヌードです。

暗めの臙脂が何とも良い色。私の好みです。羽織なので身頃部分が途中から幅が狭くなっている。

で、つなぎなました。昔の着物に絞りは良く見かけるものの一つですが本当に色々な種類がありますね。私はこの杢目絞りって好きだなあ~

DSC02714_20170108085734cdc.jpg

藍木綿のがま口

さて今年はがま口からスタート。
いずれも古い藍染の木綿から。型染と筒書きです。
型紙を微妙に動かしているのですが見た目はあまり変わりませんね! 作った本人のみ判る???
どうもこれは理屈通りに行かなくて作っていていつも不思議に思います。どこか私が勘違いしているのかなあ~ ああ、それとも歳のせいでぼけたか(笑)
DSC02663.jpg

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年の元旦は北国にしては珍しく穏やかな一日になりました。
元旦から雪かきをしなくて済むのは本当に嬉しくなります。雲の合間から初日の出も拝むことが出来て今年が穏やかで良い年になるようにと心から念じました。
皆様にとっても良い年になりますように~
今年ものんびり、ゆるゆると好きなものが作れたらいいなあと思っています。
DSC02657.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はショップで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索