Entries

お正月に向けてのお懐紙入れ

いよいよ今日で今年も最後となりました。
思えば本当にいろいろなことがあったこの1年でしたが、つまらないブロブにお付き合いいただいた皆様本当にありがとうございました。何とか細々と続けてこれたのは何よりの幸せだなあと実感しております。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

お正月にショップへアップしようといくつかお懐紙入れを作ってみました。掃除の合間にアップです(笑)。本当はもう1点作りたいのですができるかなあ???
いずれも贅沢な素材を使ったもの。相良刺繍の総刺し、辻が花、蘇州刺繍(?)です。お正月らしく一寸贅沢、を狙ってみました。
DSC05068.jpg
スポンサーサイト

シックな絞りの大人スカーフ

今年もこれで最後かな?
シルバーグレーのとてもシックな絞りから仕立てたスカーフです。大人の印象。ただ割合と新しいものでもとは道行だったかな?
どうやらミシンが使われていたようで解き跡が残ってしまいました。コートにはミシンが使われていることがよくありますがこれはいつぐらいからなのかなあ?
そこが一寸残念~
DSC05056.jpg

スヌード2種

いよいよ今年も残り少なくなりましたね~
北海道は大雪、大嵐。 大変な年末になりました。
さてスヌード2種です。十字柄の銘仙は少しの色移りがあるのでどうしたものかと思っていたものですが、この大胆さが何ともいいなあと思ってロングスヌードにしてみました。
朱色の方は立体感のある膨れ織の道行から。こちらはアクセントカラーによさそうですね。
DSC05064.jpg
DSC05063.jpg

龍を遊ぶお懐紙入れ

龍柄の古い羽裏を何とかいかしたいと思ってお懐紙入れにしてみました。
表は黒のうろこ柄の織り出し。うろこ柄は厄除けと言われますから龍と相まって、これは強力なお懐紙入れになりましたね(笑)。
ただ一寸問題が~
表に使った布が薄手だったので中の龍柄を少し厚さを持たせてしっかり感を出したいと思い、いつもの芯よりもう一段厚いいものを使ってみたらやはり浮きが出てしまいました。
この辺りが難しいところですねえ~  この手の失敗はいったい何回繰り返すのだろう! つい、今度はうまくいくかも、と安易に考えてしまう私なのです~
内袋に柄ものを持ってきたシリーズはいまいち受けが悪くて(笑)。ナカナカお嫁にいけないのですがこの龍さんはどうかな~
DSC05045.jpg

黒を遊ぶ大人のスヌード

これも膨れ織と言っていいのかな? 立体的な柄が面白く織り出された道行から仕立てたものです。
長さの関係でやや短めのスヌードになりました。
立体感があるのでふんわりと空気を含んで暖かです~
DSC05042_20171223154503ff8.jpg

縮緬の椿を楽しむ古布スカーフ

私の宝物(笑)ー古布をしまってある納戸は本当に小さなスペースなのですが、何せ片付けが大の苦手でいつも本当に酷い状態。
娘は一言「カオスだ」と言っています。
で、時々引き出しを開けては少しづつ片付けているつもりになっているのですが、そんなときに見つけた一枚。
白地に墨絵のようにグレーの濃淡で椿を描いたものです。これはかなり私の好み。このままさっと首にかけて柄を楽しんで欲しいなあ~

DSC05027.jpg

黒を楽しむスカーフ

以前はほとんど色物の服は着なかったのですが60歳を過ぎてから色物が好きになってクロゼットもかなり明るくなりました。
が、最近は着物の黒にとても惹かれます。 紅下の深い黒や膨れ織の立体感のある黒など本当にいろいろな表情の黒がありますね。これは膨れ織と言ってもいいのかな。立体感のあるよろけのような縞が織り出してあるコートから仕立てたものです。
ふっくらとした感じが寒い季節によさそうですね。裏には暗い臙脂というかスモーキーな臙脂とでもいえばいいのでしょうか、落ち着いた臙脂系の縮緬を持ってきてシックにまとめてみました。

DSC05022.jpg

雪輪柄の白大島を楽しむ御懐紙入れ

昨日アップした白大島のスカーフと同じ布から仕立てたお懐紙入れです。
白大島というのはどこか贅沢な感じがしますね(これは私だけの感じ?)。 白という色が汚れやすいというか気を遣う色だからでしょうか? こんな風に色の入らないすっきりとした白大島が好きです。
DSC05005.jpg

雪輪柄の白大島を楽しむスカーフ

雪輪を織り出した白大島です。雪輪は私の好きな柄の一つ。すっきりと良い雰囲気ですね~
裏には縮緬の黒を持ってきてシンプル、すっきりと仕上げてみました。
DSC05004.jpg

袋帯からシックなポーチ

先日この帯からお数珠入れを作っていたら、連れ合いがこの布でポーチが欲しいというので作ってみました。
男性用にやや大きめの25cmファスナー。これだとこまごまとしたものを入れるのにちょうどいいかな???
私もこの色目好きです。そして瓢箪柄というのも好みですねえ~
DSC05003.jpg

角通しのお懐紙入れ

義母の小紋の端布から仕立てたお懐紙入れです。黒地の角通し。好きだなあ~
この着物は私がいただきたいなあと思っています(笑)。
DSC04989.jpg
DSC04992.jpg

男物の大島を楽しむロングスヌード

男物の大島というと最もスタンダードなものは亀甲でしょうか。
亀甲の細かさで80亀甲から200まであるということですが(200亀甲ってどんなんでしょうね!)こちらは100亀甲の泥染めの大島。
私は藍大島より泥染めが好き。
男物の大島は女物のように色々な柄がないからつまらないという方もいますが、これはこれでナカナカすっきりとした良さがあるように思います。アクセントに柄ものの大島を入れてみました。
これだと男性の方でも使えそうですね~
DSC04977.jpg

辻が花の金封袱紗&お懐紙入れ

昨日のスカーフと同じ辻が花の着物から仕立てた金封袱紗とお懐紙入れです。
ナカナカ品の感じられる良い感じに仕上がったかな~ 
DSC04967.jpg

辻が花のおしゃれなスカーフ

粋山工房の辻が花から仕立てたスカーフです。
贅沢感がパーティシーズンによさそうな感じですがどうかな?

DSC04961.jpg

繕いを楽しむ酒袋トート

久しぶりにバッグを作りました。
何とかこの見事な繕いを活かせないかと思っていた酒袋があったので、思い切って真ん中にもってきてみました。
これが良かったのかどうかと、少々疑問にも思うのですがどうですかねえ~
そこに持ってこようかとずいぶん迷ったのですが、まあ今回はこれで良しかな(笑)。
底は現代の布ですが泥染め布です。酒袋をつなごうかとも思ったのですが、あまりハードな酒袋だとどうしても角が痛みやすいので色のコントラストを楽しみたかったのでこの度はこちらを使ってみました。
DSC04950.jpg

大人のお懐紙入れ

瓢箪を織り出したとても落ち着いた雰囲気の袋帯から仕立てたお懐紙入れです。
ナカナカ良い雰囲気なのでお数珠入れにもよさそうですね~  この色好きだなあ。
DSC04947.jpg

ポップなお懐紙入れ

小物づくりに欠かせないのが芯地。私もかなりの種類の芯を持っていて色々と試してきました。
長年使ってきましたがわからないことがマダマダ沢山あります。で、時々新しいものを仕入れては試してみる。なるほど、と思うときもあるし一寸なあと思うときもあります。
この可愛い雰囲気のお懐紙入れもいつもとは芯を変えて作ってみました。とてもソフトな仕上がり。一寸物足りないという感じもしますねえ。。。裏も黒と朱にしてみました。こちらも裏を変えるだけで雰囲気が変わる。面白いものですね~
DSC04931.jpg
DSC04933.jpg

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索