FC2ブログ

Entries

続・帯のクラッチ

朱色の帯から仕立てたクラッチの2作目です。一寸雰囲気を変えて(あまり変わっていないか!)帯の無地部分をつないでみました。アクセントはタッセル。
この朱色というのが私の好きな色。赤系の色も本当に色々とあって自分の好みにピタッとくるものに出会うのは難しいですね~
DSC05190_20180131124505237.jpg
スポンサーサイト

帯のポーチ

25cmのファスナーを付けたのでクラッチというには一寸小さめのサイズなので大きいポーチというのがぴったりかなあと思います。
これも以前いくつか作ったと思うのですが、龍を織り出した面白い柄のもの。地色が茶なので一寸地味な感じもするかな?
こちらも試作で色々トライして、どうも気に入らなくて結局いつものパターンに戻したものーー狙うところを形にするのは難しいなあ!
DSC05183.jpg

帯のクラッチバッグ

只今ポーチというか、クラッチとうかーーつまり私にとっては同じなのですがーの作り方を研究中です。
色々試してみるのですが、いまいちうまくいかない。ナカナカ難しいものですね。。。


DSC05179_20180127125951cc6.jpg

黒を楽しむ御懐紙入れ2種

どちらも黒の膨れ織から仕立てたお懐紙入れです。
裏には鳥獣戯画の襦袢地を持ってきました。お数珠入れなどによさそうですね。膨れ織は私の好きなものの一つですがナカナカこれぞというものには出会いませんが奥のお懐紙入れは私の好きな感じの膨れ織です。こんなランダムな感じの物が好きだなあ~
DSC05178_2018012612371472d.jpg

続・木綿をつないだポーチ

昨日に続いて木綿をつないだポーチです。
こちらは亀が描かれた型染木綿を持ってきました。昨日は鶴でしたが同じ型染の鶴と亀です。
型染木綿は本当にいろいろなものがありますが色が入っていいなあと思うものはお値段もいいのでナカナカ手が出せませんねえ。
今はとにかく手元にあるもので作る、というスタンスで断捨離に励んでおりますーーと言うと家族は笑っていますが!
いつになったらスッキリとかたずくのかなあ。。。
DSC05166.jpg

木綿をつないだポーチ

古い型染や刺し子など良い木綿をつないだポーチです。
ミニサイズですが通帳などを入れるにちょうどいいかな~
DSC05164.jpg

半纏トート

古い半纏から仕立てたトートです。実家にのこっていたもので戦前のものかと思います。
色がやや褪せていますが赤が効いていますね。
「衛生」という字が何ともかな(笑)
DSC05162.jpg
DSC05163_20180120145525cf0.jpg

続・アンティーク木綿を楽しむスヌード

昨日と同じテイストで作った木綿のスヌードです。
こちらもお嫁に行ってしまったのですが、こうした雰囲気の物は好き嫌いが分かれるところでしょうね~
私はこんなものが好きなのですが(好きだから作っているのですが・笑)、襤褸を巻いてと言われたこともありましたねえ。。。
DSC05157.jpg

アンティーク木綿を楽しむスヌード

古い木綿を表現するとき糸味の良い木綿と言ったりしますが(まあこれは人によってだいぶ中身は違うように思うのですが)
このスヌードのメインに使った枯れた木綿はまさにそんな表現がぴったりとくるようなものです。
手紡ぎ、手織りの厚手の木綿でうまく枯れています。この肌触りは手紡ぎでないと出ないように感じます。明治のものということで購入したのですがこのほっこり感が好きだなあ~
DSC05152.jpg

金封袱紗2種

金封袱紗2種です。蘇州刺繍と辻が花の絞り。以前も作りましたが刺繍の方のご注文があったので作ってみました。
実は辻が花の方にはシミが何カ所かあります。まあいつもだと作らないかなあ。。。ただ柄取りの関係でこれがベストかなあと思って作ってみました。何分にも着物のリメイクとして作りますのでシミやスレはある程度仕方がないとは思うのですが、どの程度を許容範囲とするかは難しいですね~  特にこうした最近の着物地を使うときはきれいにと心がけるのですが、皆さんはどう考えるのだろうと思ったりするこの頃です。
DSC05127.jpg

ひげ紬のお懐紙入れ

気が付けば松も取れて今年もいよいよ動き出しました。
こうしてアッという間に年月は過ぎてゆく。なんだか歳を重ねるごとに見える景色も違ってきますね~ 

これは義母の着物の端布から仕立てたお懐紙入れです。とても良い髭紬。とても地味ですがそこがまた魅力。
なんとも着物地というのは不思議なものですねえ~
本当は内袋に黒を持ってこようかと思っていたのですがあまりに地味にまとまりすぎるかと思い少し赤味のある茶を持ってきました。良かったのか悪かったのか???
DSC05106.jpg

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
2018年は戊戌。小樽は低く雲が下りた曇り空となりました。石狩湾に雪雲がどんどんと入ってきています。
まだ雪は降りだしていませんが穏やかな元旦であれ、と祈っています。
今年も古布を楽しみながらぼちぼちとものづくりをしていけたらいいなあと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

DSC05096_201801010746430a7.jpg

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索