Entries

酒袋&型染木綿のポーチ

酒袋のトートを作ろうとあれこれいじっていて、結局ポーチを作りました!?
酒袋は1点、1点、表情が違います。それぞれにぴったりとくる使い道があると思うのですが、それが見つからない時は四苦八苦。
自分の感覚と素材感がぴったりとくるって案外難しいものですねえ~
で、結局ポーチとなったわけです(笑)。
DSC05614.jpg
スポンサーサイト

椿のお懐紙入れ

品よく椿が描かれた(おそらく手書きかと思います)訪問着から仕立てたお懐紙入れです。
内袋も同じ布からとりました。とてもシックにまとまっています。
椿は春の花?確か春の季語だったような??? でもかなり寒い時期から咲きますよね???
着物の柄としてはよく見かけますが私の大好きな柄の一つです。

DSC05593_20180328132301613.jpg

銘仙を遊ぶスヌード

昨日アップした銘仙が手近にあたのでスヌードにしてみました。
ナカナカいい感じですね~  一寸長めですがどうかな?
古布はなんといっても時代を経ているので布の強度という点が一番の弱点と思います。先日も知り合いが着物地でバッグを作り裏に子供時代に来ていたという可愛い絞りの着物地を持ってきたのですが、強度がなくてアチコチに破れが出てきていました。
芯を張らなかったということもあるのですが、薄地は使いどころが難しいですね。銘仙は普段着でしたので結構な使用感があるものが多いいのですが、薄手の物はスカーフにすると使いやすいかなと思ったりしました。

DSC05569.jpg

銘仙のお懐紙入れ

一寸気分を変えて銘仙のお懐紙入れです。
銘仙は本当にいろいろな雰囲気の物がありますね~ シックなものからポップなものまでとにかく面白い。
若い方には人気がありますが私のように年齢がいくと一寸使いにくい。 ただこれぐらいだとまあ何とかいけるかな(笑)。
裏を桃色と水色の2種を作ってみました。
DSC05559.jpg
DSC05560.jpg

お懐紙入れ3種

お懐紙入れ3種です。
どれもおとなしい感じですがシンプルで長くお使いいただけそうな感じにしてみました。
こうして今まで作ってきたものを見てみると、その時々で色や柄の好みもずいぶんと変わってきているなあと実感。
こうしたおとなしい感じの物は今まであまり作らなかったのですが(もう一つ手を加えたくなることがよくあります)。
年齢的なことも関係しているのかな、その時の気分なのかな~ だんだんシンプルイズベストって感じになってきているなあ。。。
うーん、もっと派手なものも作りたい(笑)。
DSC05545.jpg


白大島のスヌード

雪輪を織り出した白大島から仕立てたスヌードです。
特に何も足さずにそのままぐるりと仕立てました。古布というには新しいもので現代の物に近いのでまだまだしっかりとした張りがあります。スヌードにすると柔らかく首に沿うという感じではないのでやや短めに仕立ててみました。
私はやや短めというサイズがスヌードは好みなのですが皆さんどうなんでしょう?
DSC05500_20180320102422b46.jpg

白紬の春スカーフ

花唐草を織り出した白紬から仕立てたスカーフです。
白大島や白紬はやはりこれからの時期かなあと思います。冬の白も素敵ですけどね(笑)ーとこんなことを言うと年中O.Kかあ!
着物地というのは不思議な魅力がありますね~ これは日本人のDNAがそう感じさせるのかなあ。。。
知人が親の着物の処分をしたという話を聞くとそのお値段に唖然、、、何とかうまく活かしていけたらいいなあと思うこと多々です。
本当は着物として着るということがベストなんでしょうけどねえ~
DSC05477.jpg

春の白大島スカーフ

長い北国の冬もようやく出口が見えてきました。
今年の冬は11月の雪がもう根雪になったので本当に長い冬でした。その上、最高気温がナカナカプラスにならなくてづっと真冬日続き~  こんな冬はあまり経験したことがなかったような。。。。
でもこのところようやく暖かくなり雪もぐんぐんと溶けてきました。早く春が来るといいな~
そんな気分で白大島のスカーフです。
DSC05472.jpg

和のポーチ2種

大き目のポーチです。男性にもお使いいただくことを想定した柄で仕立ててみました。私の連れ合いも和装の時に便利に使っています。もちろん女性でも問題はありません。
25cmのファスナーを付けましたので結構、色々と入りますね。
DSC05440.jpg

相良刺繍のポーチ

相良刺繍のポーチ2種です。
柄の出方が違っています。マグネットボタンを付ける都合上、ある程度のしっかり感が欲しいと思い中に帯芯を挟んであります。
で、それなりに厚さがあるので少々取り切れなかったシワが残ったのが一寸かなあ~
まあ、それでもこれだけの相良刺繍はナカナカないと思います。相良刺繍は高価ですから一寸あしらった、という程度の物が多いのですが、やはりこれぐらいの密度がないとその魅力が出ないように思います。
DSC05422.jpg

縮緬のお懐紙入れ

お懐紙入れをもう1点。
シボのしっかりとした縮緬から仕立てたお懐紙入れです。これは以前も作りましたが内袋を変えてみました。
私の場合、内袋に何色を持ってくるかでいつも悩みます。以前はコントラストのはっきりとした感じが好みだったのですが最近は同系色でまとめることが多くなりました。好みは年齢と共に変化してくるものですね~
このお懐紙入れは四季の花を描いた華やかな柄がなんとなくウキウキとしてくるような感じ。内袋は桃色の縮緬を回して全体として優しい感じに仕上げてみました。
DSC05395.jpg

お懐紙入れ色々

時間がある時にお懐紙入れ用として色々な布に芯を貼っておくのですが、そんな中からいくつか。。。

DSC05380.jpg

相良刺繍のお懐紙入れ

相良刺繍をあしらった着物から仕立てたお懐紙入れです。
前回は相良刺繍のお懐紙入れを帯から仕立てたのでかなりの厚みがあり一寸どうかなあと思っていたのですが今回は着物から仕立てたので厚さとしては合格かな。ただ割とあっさりとした刺繍なので物足り.ない感もですね。
私は刺繍よりももともとの布ー紋綸子?緞子? こちらが良いもので好みです。
DSC05351.jpg



お雛様

今日はひな祭りですね。
でも北国はまだまだ雪の中です。ここ二日酷い冬の嵐でしたので家の中に籠っていましたがどうやら今朝は何とか回復したようです。
今年の冬は昨年の十一月には早々に根雪になってしまいましたので本当に長く感じられます。その上、真冬日が多くてなんとも厳しい冬でした。それでもお雛様だなあと思うとホッと心に灯りがともりますね~
ようやくという感じでお雛様を飾りました。今年は昨年手に入れたニューフェースの陶器のお雛様。屏風がちょうどいい手持ちがなくて一寸、ですがまあ我慢していただきましょう。もう一つは手作り(もちろん私ではありません!)。下に敷いた扇タイプの敷物もいただいたもの。上手な方があるものですね~
DSC05306.jpg
DSC05309.jpg


通帳&カード入れ

片付けをしていたら出てきたものです。本当に昔に作ったもの~
そのままになっていたものです。いくつか作って一つは自分で使っています。結構便利です。
こうしたものは結構面倒なのでうーん、また作ろうという気にはならないなあ(笑)。
DSC05343.jpg

DSC05344.jpg

あずま袋風の肩掛けバッグ

あずま袋を大き目に作って方に掛けられるようにしてみました。
まあ現代版エコバッグですね(笑)。裏も同じ布で作って裏付き。方に掛けるに不足の部分は真田紐をつないで長さを出してあります。
作った後でボタン留めを付けたのでゴムが少々いびつについてしまいました! まあ、何とか完成かな~
DSC05282.jpg

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索