FC2ブログ

Entries

綿紬のスヌード

暑いですねえ~
こちら北海道もとうとう30度超えです。エアコンのない我が家はもうヘロヘロ。
すっかり暑さにやられてしまいました!

さてこちらはたまたま整理していたら出てきた綿紬です。もう頭もボケボケなので前は何を作ったかすっかり忘れているのですがスヌード分あったのでスヌードにしてみました。
大きな難はないのですがややくすみを感じますね~
この猛暑には一寸暑いかなあと思いますがこの暑さが一段落したら秋にも使えるので結構使い勝手がよさそうなものです。
DSC06411.jpg
スポンサーサイト

鴉の巾着

確か羽裏だったと思います。ずいぶん前にこの鴉の図が面白く何かに使おうと思って丸く切り取ったのですが、どうもうまく使えなくてそのままになっていたものです。
何故かいつもミシンの傍に置いてあって、何かに使おうと思いつつ。。。。で、巾着にしてみました。
酒袋に張り付けてみましたがどうかなあ??? どうも思ったようには扱えてないのですが、、、
うーん、難しい。面白い図だと思うのですが、その良さを活かすって本当に難しい~
DSC06407.jpg

続・有松絞りのスヌード

昨日に続いて有松のスヌードをもう1本。
こちらは杢目絞りかな~ 葉をイメージした様な図案です。白の部分が多いのですっきりとした印象ですね。
DSC06353.jpg

有松の浴衣スヌード

暑いですね~
北国も暑くなってきました。今日は29度まで上がりましたからかなりの暑さとなりました。湿度もかなりあってからりとした北海道の夏というにはほど遠いですねえ。

暑い時にいいかなあと思って有松のスヌードを今年は結構作りましたが、もう少しと思って作りました。藍と白のすっきりとしたもの。私も外出する時はもっぱらこれです。
DSC06348.jpg

ナマズのトート

北国もようやく夏らしくなってきました。
7月は雨ばかりで妙に涼しい日が続いていたのですが(酷暑の内地の方には申し訳ないような)今朝はお日様がようやく顔を出してくれたという感じです。何せ日照時間が例年の半分以下でしたので花もさっぱり、病気になったり虫にやられたりというありさまでした。

さてこれはもともと和布で作られていたトートでそれも古くてなって色あせていたのですが、柄の面白さにひかれてリメイクしたら面白くなるかなと思って購入したもの。底に酒袋を持ってきました。柄が何ともユーモラスでしょ!
連れ合いへのプレゼントです。
DSC06343.jpg

江戸小紋のお懐紙入れ

江戸小紋のお懐紙入れ3種です。
万筋、鮫小紋、角通しいづれも渋いお・と・なの女性が持つにぴったりの物になったかな???
DSC06308_201807161643062d5.jpg

襤褸を遊ぶ麻のスヌード

かなりの襤褸です~ と言っても襤褸コレクターの方にすればマダマダと言われそうですが(笑)。
もともと着物をリメイクしてブラウスになっていたものを(これもかなり昔に作られたものと思います)またまた解いてスヌードにしてみました。しかし洋服にしてしまったものは着物と違い大きな面積が取れないとつくづく実感。着物は解けばまた1枚の布に戻るのですからすごいものですねえ。。
で、かなり繋いでいます。しかしここまで使い込んであるのも珍しいかな~ すっかりと柔らかくなっています。
DSC06297.jpg

江戸小紋のスカーフ

何故か私にとって江戸小紋イコール鮫小紋とインプットされていた時期があって江戸小紋と聞いてもあまり魅力を感じていませんでした。ところが義母のタンスの整理をしていて渋い小紋を見つけてこれは何だろうと思ったら角通しという柄の江戸小紋だと知りました。
江戸小紋と言っても色々あると知ってそれから気になっていたのですが、なかなか私の好みの色には出会わない。
義母の着物はとても好みですがまさか鋏を入れるわけにはいかないし(端布は頂いてお懐紙入れにしましたが・笑)。
最近たまたま好みの物を手に入れたので、まずはスカーフにしてみました。画像では柄がよくわからないと思うのですがナカナカ大人の雰囲気があるものです。
これも幅をどうするか悩んだ末、広いめに仕立てました。半分に折って使うと面白いかなと思います。
DSC06277.jpg

有松絞りのスヌード2本

内地はイヨイヨ夏本番ですね~
北海道は雨が多くて肌寒い7月となっています。サクランボも雨で身割れがしているとの事でこれからが心配です~
日照時間も少なくて、こんな7月はあまり経験がなかったような気がしますねえ。。。
さて浴衣スヌードです。暑い時期には重宝しますね。
DSC06272.jpg
DSC06268.jpg

可愛いポーチ2種

こうした可愛さは私のラインではないのですがたまに作ってみたくなる。。。
こうしたもので正絹というものは少ないんですよね~ これも猫の方は人絹? 戌のほうは化繊かな??
なので芯をもう少し考えるべきだった!!!
私って本当に反省がないというか、場当たり的に作ってしまうので「あーっ、またやっちゃった」ってことがよくある。
研究とか実験って事が少なすぎなんですよね。。。もう少し違う芯を選択すべきでした。
どの芯を選ぶかは出来を大きく左右しますね。これが案外難しくて。。。。古布は本当にいろいろあるのでぴったりと芯を選択できるかどうかが成功のカギですね。
DSC06265.jpg

帯のクラッチ

大変な大雨ですね。知人の顔を思い浮かべながら大丈夫だろうかと心配です。これ以上の被害が無いとよいのですが、、、 
北国は7月というのに寒い。また今夜から雨の予報でこちらもこれ以上の雨は心配です。

さて今回は刺し子のような雰囲気の帯から仕立てたクラッチです。
一寸面白い帯で本当は裏も面白い雰囲気なので使ってみたいのですが糸が渡っているのでひっかけてしまいそうなところが一寸問題なのと糸のゆるみがあるのでやはり表かなあと思って表を表にして(当たり前か!)仕立てました。
以前ポーチを作ったのですが今回は大きめにしてクラッチとタイトルを付けました。
アクセントにつけたタッセルを何色にするか悩んで黒にしたのですが地味かなあ。。。
そんなに手持ちがあるわけでもないのですが、難しいところですね。
DSC06238.jpg

お悔やみセット

お懐紙入れは一段落、と思っていたのですが黒の膨れ織が気に入ったのでお悔やみセットとして作ってみました。
お香典入れと数珠入れです。内袋は鳥獣戯画。
大人の雰囲気ですね~
DSC06221.jpg
DSC06216.jpg

シンプルな膨れ織のクラッチ

どこまでもシンプルなクラッチです。
ただ膨れ織という布地を楽しんでいただきたいというもの。もともとは道行だったものですがリッチな黒をお楽しみいただけると思います。これも私の好きなものの一つ~
DSC06213.jpg

金封袱紗とお懐紙入れ

金封袱紗とお懐紙入れもこれで小休止。こちらは以前も作ったのですがいまいちパッとしなくて我が家に長く残っていました。
何とかお嫁にはいけたのですが、残った布はそのままお蔵入り。久しぶりに取り出してみて、案外いいかもと思って再チャレンジ。暫くタンスの肥やしにしていて久々に目にするとまた違った感じに見えますね。
自分がいいなと思ったものが人気がなかったり、これは一寸、と思ったものがスッとお嫁に行ってしまったり、好みは本当に人それぞれだなあと思うこの頃です。
DSC06207.jpg

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索