FC2ブログ

Entries

酒袋&刺し子の斜め掛けバッグ

今年も残すところあと2日。思えば本当にいろいろな事があったのですがアッという間の1年でした。
こちらを覗いて下さった数少ない方(笑)に御礼申し上げます。今年も何とか無事に終われそうです。来年も楽しめたらいいなあ~と思っています。古布と出会って半世紀近くなりました。京都で出会った古布がつれてきてくれた手作りの世界。本当に楽しませてもらったなあと実感。私たちのご先祖様が残してくれたものの素晴らしさに改めて感謝です。

さて、しばらく前に素敵な刺し子の端布を手に入れたのでどう使ったら良いかとさんざん迷った挙句バッグの蓋にしてみました。
何とか今年中に仕上げようと頑張ったのですが出来上がったらアレ、刺し子布を裏表、間違えてつけてしまった!あーあ、ホント私らしい今年の締めになりました。。。
もうひと踏ん張りして直すかなあ、、、来年にしようかなあ~
DSC00107.jpg

スポンサーサイト



襤褸を遊ぶスヌード

4,5種類の襤褸木綿をつないだねじりのスヌードです。無地木綿は裏に薄手の木綿の当て布をしてあるので結構厚めになっています。
小穴はチクチクと刺し子をして穴ふさぎをしたのですがどうかな(笑)。
この木綿ー多分布団側として使ったと思うのですがー何十年もたってスヌードになるとはだれも思わなかったでしょうねえ~
DSC00094.jpg

酒袋のシンプルトート

このところどうもモチベーションが上がらなくて何点かバッグを作ろうと思っては気に入らなくて途中で投げてある。。。
うーん、という気分が続いていたのですがようやく一つ完成までこぎつけました(笑)。
酒袋はなんといってもこの繕い跡が面白いですね。ごく単純な手提げの袋です。こんなものが好き。

DSC00089_2019122710525713a.jpg

あずま袋&風呂敷ハンドル

先日作ったあずま袋を作った時に『結ぶ部分に紐をつけて肩掛けが出来るようにしたバッグもあるよね」という話になったので、フト思いついて風呂敷ハンドルをつけてみました。
こちらの風呂敷ハンドルはショートタイプですが結ばないので十分肩掛けも出来ます。こうするとかなり実用的ですね~
DSC00086.jpg

お洒落な半纏からシンプルトート

前回と同じ半纏から仕立てたトートです。
こちらは梅柄。底に酒袋を合わせてみました。ごくシンプルなトートですがこんな感じが私の好み。
布がいいといじらずに作れますね~
DSC00076.jpg

お洒落な半纏ポーチ

とても個性的な印半纏から仕立てた持ち手付きのポーチです。
半纏にこのような柄があしらわれたものを見たのはこちらが初めて。こういうものもあるのですね~ トートを作った残りの部分でポーチにしてみました。持ち手を付けたので便利かな?
松竹梅のお目出度柄がモチーフですが松は私の好きな柄~ 
DSC00074.jpg

吾妻袋

年明けにあずま袋を作るワークショップをするので昨日は打ち合わせ。
レシピを頂いたのでまずは試作してみました。むかーしに作ったことがあったのですがすっかり忘れている!
イロイロ教えてもらってなるほど、と思うところがありました。手ぬぐいサイズで作るのも面白くて色々と使えそうですね~
DSC00064.jpg

続・大島を楽しむスカーフ

大島紬のスカーフをもう1点。このタイプは以前の作りましたね。メインをシルバーグレーの白大島を持ってきて再度に泥大島を何点かつないだものです。一寸雰囲気が変わって面白いかな~
DSC00043_20191211130219011.jpg

大島紬を楽しむスカーフ

割と新しい現代に近い大島紬から仕立てたスカーフです。
本当は着ようかなと思っていたのですが少々難があって解いたもの。黒地に桜かなと思われる小花が織り出されています。甘くない大人の花柄という感じでしょうか~
裏は錆朱とでもいうような落ち着いた朱色の縮緬を合わせてアクセントにしてみました。
DSC00032_20191210110852fea.jpg

続・御朱印帳入れ

御朱印帳入れをもう少し。
この度はポップな布で作りたいと思いチョイスしていました。
こうした感じは着物が普段着であった時代だからこそ、なのでしょうね~ 今はすっかりフォーマルでの着用となってしまいましたので面白柄みたいものは、本当に少なくなりました。
そんな一寸昔を感じるものです。仕上げてから、んんん、なんか前回と感じが違うなあと思ったら留め具の紐が前と違った!
今回は細い方を使ってしまいました。。。道理でビーズにスッと通せたはず。ヤレヤレですね。
DSC09998.jpg
DSC09997.jpg

御朱印帳入れ

この頃は若い方で御朱印を集めている方が結構多くなりましたね~
一昔前とは御朱印に対する感覚が違ってきてるのを感じます。ただ若い方が神社やお寺に足を運ぶのは嬉しい事ですね~
さてそんな御朱印帳を入れるケースです。今まではマチをつけなかったですが今回はマチ付きで作ってみました。留めるのも紐巻にしたので小さなものであれば2冊は楽に入ります。ポップな面白い羽織の解きから仕立ててみました。
DSC09995.jpg

リッチ感のある刺繍のお懐紙入れ

以前も同じ長着で作りましたが、柄の取り方でかなり感じが違ってきますね~
刺繍というのはやはりこの立体感が何とも贅沢な感じがしますね。
DSC09972.jpg

お懐紙入れ・冬の桜

今日から12月。今年もゴールが見えてきました。本当に早いですね~ 年齢と共に時間の
感覚は早くなると言われていますがこのまま行ったら来年はどうなるんでしょうか(笑)。
北海道は早々と真っ白になりました。
桜をモチーフにしたお懐紙入れを2種。一寸かっこよくタイトルは「冬の桜」--大島紬と刺繍です。
DSC09946.jpg

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

tensyo78

昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





Extra

プロフィール

tensyo78

Author:tensyo78
昔着物が大好き!
飾ったり、作ったりと楽しんでいます。作品はiichiで販売しています。
お時間がありましたら覗いてみてくださいね!
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

マイショップです遊びに来てくださいね!





最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索